暖かい日が増えてくると気になり始めるのが桜の開花。そして桜が咲けば…いざお花見へ! 大人数が集まるお花見は幹事が重要な役割を担いますが、歓迎会や忘年会、新年会のように場所と人数だけどうにかすればいいというわけにもいかないので準備も大変。そこでみんなの失敗から学ぶべく「お花見の幹事をやって失敗したことランキング」を調査したところ、《場所をちゃんと確保できなかった》が1位になりました。

 お花見の幹事が一番やってはいけない《場所をちゃんと確保できなかった》という失敗。他にも《トイレから離れた場所を確保してしまった》《参加者に対して確保したスペースが足りなかった》《桜の木があまりない場所を確保してしまった》と、10位以内には場所取りでの失敗が多数ランク・インしています。大人数でお花見をする場合は、前日に会場に行き、大人数で宴会をしているグループの幹事に次のその場所を使わせてもらえるよう交渉してみるのもひとつの手。交渉が成立したら、その場所を横取りされないよう誰かがはりついている必要はあるかもしれませんが…。2位の《食べ物や飲み物が足りなかった》というのは、楽しい雰囲気にも水を差すので絶対に避けたい失敗。予算内で多めに用意をしておくことは当たり前ですが、それでも足りなくなったら宅配サービスを利用してみては。お寿司にピザ、お弁当からドリンクまで、花見会場の公園まで届けてくれる飲食店も増えてきているので、あらかじめ調べておけばいざという時に役に立つかもしれません。

 今年幹事を任されている人は、ランキングを参考に「お花見準備チェックシート」を作って、準備万端で臨んでみて。一年に一度しかないお花見、楽しく盛り上げられるといいですね。