様々な事情から一度は別れを経験した二人。でも、ふとしたことがきっかけでよりが戻る可能性はなきにしもあらず……。実際によりを戻すというところまではいかなくても、どちらかに未練が残っていることも。そこで「未練のある元恋人とよりを戻したくなる瞬間」について聞いてみました。

 最も多かった意見は《誕生日にメールや電話があった》でした。かつてはお互いの誕生日を祝い合った仲。別れた今でもカレンダーをみるとふと相手の誕生日を思い出すこともあるのでは? そんなときに送る「おめでとう」というシンプルな一言は、相手の心を揺るがせるには十分な一言。メールを受けとった側からすれば、「誕生日を覚えていてくれるなんて、ひょっとしたらまだ自分に気があるのでは?」などと想像が膨らんでしまうようです。元恋人に未練があるならばこの方法を利用してみるのも手かも。特に現在恋人がいないとくれば、なおさら心に響きそうですね。

 2位には《元恋人がまだ自分のことを好きだと聞いた》がランク・イン。人づてに聞いた元恋人の想い。「ひょっとしてこれは自分に届くことを想定して友人に打ち明けたの?」などとあれこれ深読みをしてしまうものかもしれません。

 恋愛に限らず、その当時流行した音楽などを耳にすると、一気に記憶がよみがえることがありますが、《一緒に聴いた音楽が流れてきた》は10位という結果に。みなさんが元恋人とよりを戻したくなる瞬間はどんなことがきっかけになりましたか?