英語でも“You never get a second chance to make a first impression(一度与えた第一印象をやり直すチャンスは二度と訪れない)”ということわざがあるように、初対面の相手に与える印象が重要なのは万国共通。そこで今回「初対面の相手に好印象を与える方法」を調べたところ、2位以下に大差をつけ《笑顔で話す》という方法が1位にランク・インしました。

 初対面の相手に対して不安感を持ってしまうのは、誰にとっても自然な反応なのだそう。その不安を取り除くためのポイントは「表情」と言われています。無表情や睨みつけるような目つき、さらには目を見て挨拶をしないなどの態度は相手への印象をかなり悪くさせてしまうもの。だからこそ、良い印象を与えるには《笑顔で話す》ということがとても重要です。笑顔にはお互いに緊張をしている気持ちを和らげる効果があり、笑顔を見せることで初対面でも打ち解けやすい雰囲気を作り出せるはずなので、自分の表情にはぜひ注意をしてみて。3位にランク・インしていた《清潔な身だしなみ》も、初対面の相手に好印象を与えるポイントのひとつ。人は第一印象の8割以上を視覚情報によって判断していると言われており、《笑顔で話す》や《清潔な身だしなみ》が上位にランク・インしたもの納得の結果です。

 今回ランク・インした「初対面の相手に好印象を与える方法」は、どれも初対面の印象を決めるのにとても重要な役割を果たすものばかり。新生活も始まり新たな出会いの多いこの時期、初対面の挨拶の場でぜひ実践してみてはいかがでしょうか。