新年度が始まり、入学や入社、異動など環境の変化が理由で大好きな恋人と遠距離恋愛をせざるを得なくなった人もいるのでは。距離があるからこそはぐくまれる愛もありますが、遠距離恋愛ならではの大変なことがあるのもまた事実。そこで「遠距離恋愛で大変だと思うこと」を調べたところ、《会いたいときにすぐに会うことができない》がダントツという結果になりました。

 物理的な距離があれば、《会いたいときにすぐに会うことができない》のは仕方のないこと。頭ではわかっていても、何よりもまず会うことを重視したい二人にとっては《会いたいときにすぐに会うことができない》のは非常にやっかいな問題です。会えないことによる不安が募れば、《相手が何をしているか把握しづらい》《気持ちが不安定になりやすくなる》《浮気の心配が多くなる》などの不安な気持ちもわいてしまいそう。一方で、やっと会えたときの喜びがとても大きくなることや、会ったときにお互いの良さを再確認しやすくなることなどの良い点もありそうです。

 遠距離恋愛は、近距離恋愛よりお金がかかるのも困った問題。《会いに行くための旅費がかかる》や《電話代がかかる》など、距離を埋めるためのコストに頭を悩ませている人が多いこともランキングからわかります。《電話代がかかる》のを回避するには、スカイプメッセンジャーを利用して通信費を安く済ませたり、携帯電話の料金プランを工夫したりとできることはいくつかありそう。ただ、実際に会うための旅費は削るのも大変。体力のある人は高速深夜バス長距離バスを使い、新幹線や飛行機を使う時にも回数券や早期予約で安くなるチケットを買うなど、計画的に移動するだけで費用を抑えられそうです。

 様々な障害が待ち受ける遠距離恋愛ですが、障害を乗り越えた二人は、より強いきずなで結ばれるはず。遠距離恋愛真っ最中の人やこれから遠距離恋愛の可能性がある人は、ランキングを参考に遠距離恋愛を長続きさせるコツをイメージしてみてくださいね。