東京散策というと、ついつい繁華街に足が向きがち……。しかし東京には、他の都道府県ではなかなか見られない、珍しいアミューズメントスポットも充実しています。そこで今回は、関東在住の人が「実は行ってみたい」と思っている、都内の珍しい美術館・博物館についてアンケートをとってみました!果たしてどんな珍しいスポットがランク・インするのでしょうか?

■行ってみたい東京の珍しい美術館・博物館ランキング
1位:江戸東京博物館
2位:昭和レトロ商品博物館
3位:地下鉄博物館
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

第1位にランク・インしたのは、墨田区にある都立博物館《江戸東京博物館》でした。古き良き江戸の文化を伝えるために作られたこの博物館には、当時の町並みを再現した展示室や、実際に使われていた道具に触れる体験コーナーなどが設置されています。2015年春に常設展示室がリニューアルオープンするので、一度訪れたことがある人もそうでない人も、江戸の世界におでかけしてみては。そして2位には、青梅市にある《昭和レトロ商品博物館》がランク・イン。昭和B級文化研究家が蒐集した、昭和の駄菓子・古ビンのパッケージが展示されている博物館です。子どもの頃に食べた駄菓子のパッケージを探してみるのも面白いかもしれませんね。また、意外なデートスポットとして人気を集めているのが、9位《目黒寄生虫館》です。どうやら「寄生虫について扱っている世界唯一の博物館」というマニアックさが人気の秘密なのだとか……。入館料が無料であるところもうれしいポイントです。
その他、ランキングには11位《宝くじドリーム館》や、17位《相撲博物館》など、意外なものを扱った博物館がランク入りしています。みなさんはどの博物館に行きたいと思いましたか?

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月17日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)