心が疲れている時、無意識に自分が一番リラックスできるものを求めてしまうもの。リラックスの方法はひとそれぞれ。あなたはどんな方法で、心と体をリラックスさせていますか?今回は、疲れきった心をリフレッシュさせたい時にやっていることについて、みなさんにアンケートをとってみました。年代別に回答を比較してみると、驚くべき結果が明らかになりました!

■心が疲れているときにリフレッシュする方法ランキング
1位:ひたすら寝る
2位:ショッピングに出かける
3位:おいしいコーヒー、紅茶をいれる
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

「心が疲れているときにリフレッシュする方法ランキング(総合)」1位は、《ひたすら寝る》でした。なんとこの《ひたすら寝る》というリフレッシュ法は、20代30代40代にそれぞれ聞いた世代別ランキングでも堂々の1位にランク・インしています。現代人はいくつになろうとも、疲れた時は何も考えないで、ひたすら寝たいと思うものなのかもしれません。《ひたすら寝る》前にお風呂に入り、清潔なパジャマとベッドを用意すれば、気持ちも少し晴れやかになりそうです。また、総合ランキング2位には《ショッピングに出かける》がランク・イン。思いきり買い物を楽しむことでストレスを発散する人も多いようです。しかし、いらないものまで買いこんだり、すでに持っている物をいくつも買ったりするなどの症状があるのなら、買い物依存症の可能性も。メンタルヘルスの不調が長引くようであれば、信頼できる専門家や家族に相談したほうがいいかもしれません。ちなみに《ショッピングに出かける》は、20代と40代のランキングでは3位、30代のランキングでは2位となりました。こちらも年代を問わないリフレッシュ法の一つと言えそうです。
なお、総合5位にランク・インしている《YouTubeやニコニコ動画を観る》は、20代のみのランキングでは2位に浮上。それぞれの世代ごとに、趣味や娯楽の傾向が異なる様子がうかがえます。「最近癒やしが足りない」という人は、自分の世代以外のリフレッシュ方法から、新しい癒やしの方向性を探ってみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月18日~2014年2月19日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)