引越しでは住居はもちろんのこと、家の周りの環境も大きく変わります。慣れない環境で生活をするために、とりあえず探す施設やものとは一体何なのか?今回は引越しをして、新生活が始まった時にまず探したものを調査しました。1位は生活に密着した、生活に欠かせないあの場所でした!

■引越しをして、新生活が始まった時にまず探したものランキング
1位: スーパー
2位: コンビニ
3位: 郵便局
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

第1位を獲得したのは《スーパー》でした。衣食住の住環境を手に入れたら、次は食。生活するうえで、食材の確保は欠かせません。何件かのスーパーを比較して、かしこい買い物をする人も多いのでは。そして2位には、《コンビニ》がランク・イン。引越し当日はあわただしいもの。軽食や日用品、ATMなど一度で済ませられる《コンビニ》を探すのかもしれません。引越しすると、まずは食事と生活周りのアイテムがそろう場所を探す傾向があるようです。なお、3位《郵便局》や、4位《役所・出張所》など、これからの生活に必要な手続きをする場所を探す人も多い様子。引っ越し前の住所に届く郵便物の転送手続きや、市町村役所への転入届の提出など、引っ越しの前後はさまざまな「手続き」が必要になります。家族が多ければ多いほど、手続きの苦労もひとしお。早めに役所の場所を確認して手続きを済ませ、買い物に寄れるようにしておけば、新しい生活にも早く慣れるのではないでしょうか。
また、16位の《バー》のように、新生活の居場所を探したいと思う人もいるようです。「転居先でまず最初に探すもの」は、その人の性格が表れやすいのかもしれませんね。あなたが引っ越しをした時にまず探すものは何ですか?

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月18日~2015年2月19日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)