お正月には、家族や友人と、あるいは恋人とのデートで、神社や仏閣に初詣に行く人が多いのではないでしょうか。毎年同じ場所に参拝しないと一年が始まった気がしない、という人もいるかもしれません。ところで皆さんは初詣でどのようなことをしていますか?今回の調査では、初詣で必ずやることを聞いてみました。

■初詣で必ずやることランキング
1位:おみくじを引く
2位:お札・お守りを授かる
3位:お札・お守りを納める
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《おみくじを引く》が選ばれました。初詣に行ったらまずおみくじを引いて、1年の運勢を占う人が多いようですね。おみくじは凶が出た場合に「凶を寺社にとどめて良い運勢が来ますように」と木の枝や結び所へ心をこめて結んで帰ります。いいおみくじは持ち帰って読み返し、身の処し方を考えてもいいそうです。
初詣で必ずやることランキング

2位は《お札・お守りを授かる》、3位は《お札・お守りを納める》でした。それぞれお札・お守りに関する項目がランク・インしました。
毎年同じ神社や仏閣で新しいお札やお守りをいただき、古いものを納めるというのが恒例となっている人も多いのでは。前年のお札やお守りを授かったのと同じ神社に、必ず返さなければいけないわけではありませんので、ご安心ください。
初詣で必ずやることランキング

その他、《多めに願い事をする》《いつもより多めのお賽銭を投げる》など、ちょっと欲深い回答がランク・イン。年始めということもあり、いつもよりお賽銭が弾んだり、ついつい多くの願い事をしてしまう方が多いのかもしれませんね。

また、《知らない人の絵馬を読む》という、絵馬を書く人からするとちょっとドキッとする回答が。実際に見るかどうかは別としても、他人の絵馬に何が書いてあるか、気になるものかもしれません。神社によっては、個人情報に配慮して、願い事を書いた上から貼ることのできるシールを販売しているところもあるようですが、これでは神様にも絵馬の内容が分からないかも?
初詣で必ずやることランキング

ついつい忘れてしまうものもあるかも?是非このランキングを参考にしてみてくださいね!一年の健康や成長、安全を願うために訪れる初詣。気持よく参拝して、年始を気持ちよく過ごしたいですね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月18日~2015年2月19日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)