成人式は、懐かしい友達と再会できる場。当時よりも大人になったことをアピールするためにも、身だしなみや着るものに気を使う方が多いですよね。一般的には男性はスーツか袴、女性は振り袖が多いものですが、少しでもこだわりを見せるために、衣装やヘアメイクにお金をかける人もいるのでは?そこで今回は、過去の成人式を振り返って、成人式にどれくらいの費用をかけている方が多いのか調査しました。

■成人式にかける費用ランキング
1位:0-1万円未満
2位:1-5万円
3位:6-10万円
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「男性の結果」と「女性の結果」共に、《0-1万円未満》が入りました。
意外と成人式にはお金をかけない方が多いようです。この回答の中には、成人式に出席しない人や、手持ちのスーツなどを着用することが考えられます。いずれにせよ、節約志向が強いと言われる若者の傾向がよく現れた結果といえるのではないでしょうか。

2位は《1-5万円》でした。
こちらも男女別ランキングと変わらずの順位でした。確かに5万円あれば、ちょっといいスーツを購入することもできそうです。女性で振り袖を着る場合も、3万円程の振袖をレンタルし、小物を揃えて、着付けを依頼、ヘアメイクは自分ですれば、なんとか5万円で収まりそうです。

7位には《101-150万円》がランク・イン。
両親や祖父母が、成人のお祝いに一生のものの振袖を子や孫のために購入する例もあるようです。

ランキングの上位は、現代の若者の節約志向を如実に表す結果となりました。その中で自分なりの着こなしやヘアアレンジを楽しむ人が増えているのかもしれません。
成人式にかけた費用ランキング

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月18日~2015年2月19日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)