北陸新幹線開通にともない、今注目されている北陸エリア。北陸は海の幸・山の幸幅広く有するグルメエリアでもあります。そこで今回は、北陸三県の人に聞いた「旅行者にこれだけは食べてほしいもの」について探ってみました。

■北陸三県の人に聞いた!旅行者にこれだけは食べてほしい北陸のおいしいものランキング
1位:シロエビ
2位:ズワイガニ
3位:ブリ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《シロエビ》でした。富山湾の宝石と称される《シロエビ》。透明感があり、ツルンとした口当たりと上品なあまみを感じられることから、お刺身やシロエビ丼としての食べ方が人気です。まさにここでしか食べられない宝石のような《シロエビ》を是非食べてもらいたいという声が多く、1位となりました。2位は《ズワイガニ》でした。身が大きなタラバガニとは異なり、やや細い足が特徴のズワイガニ。しかしその味わいは繊細で上品で甘味が強く、カニ本来の味を楽しめます。「蒸して食べると最高」「鍋がおすすめ」などという意見が数多くあげられました。3位は《ブリ》でした。日本海の荒波をくぐりぬけてきたブリは身がギュッと引き締まり、格別においしいと評判。特に北陸エリアで獲れるブリは脂がのっていて絶品! お寿司、照り焼きなど幅広い料理で楽しまれています。
このように、やはり北陸といえば日本海の海の幸が外せないグルメのようです。北陸新幹線の開通により、都心からのアクセスが便利になったので、北陸エリアに足を運んでこれらの海鮮を楽しんでみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2015年3月4日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)