北陸新幹線開通にともない、今注目されている北陸エリア。北陸は日本海の荒波で獲れる新鮮な魚が有名なグルメエリアでもあり、寿司の消費量が日本で一番多いとも言われています。そこで今回は、回転ずし日本一を決めるべく、地元の方々に聞いた「ここに行くべき!」と思う回転寿司について探ってみました。

■北陸三県の人に聞いた!「ここに行くべき!」と思う回転寿司ランキング
1位:氷見きときと寿し
2位:すし食いねえ!
3位:金沢まいもん寿司
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《氷見きときと寿し》でした。暖流と寒流がまじりあう漁場として知られる富山湾の新鮮な魚、そして富山のお米を使ってにぎられるお寿司が楽しめる回転寿司です。鯖やあじ、太刀魚やばい貝をはじめ、新鮮な北陸の魚が堪能できます。締めに富山県氷見市の郷土料理でもある「氷見うどん」を食べるのが楽しみという人も。2位は《すし食いねえ!》でした。氷見港、金沢港、橋立港から仕入れた新鮮な魚が楽しめる回転寿司チェーンです。ぶり、かんぱちといった北陸ならではの魚も堪能でき、コストパフォーマンスもよいことから、多くの票を集めました。内装もオシャレで落ち着いて食べられるという声もあります。3位は《金沢まいもん寿司》でした。のどぐろ、なめら、白海老といった他県ではなかなか食べられない貴重な魚がお寿司として食べられるのが特徴。気楽に、家族でワイワイ楽しめるのが魅力です。
このように、北陸地方の新鮮な魚をフランクに楽しめる回転寿司。そのクオリティはかなり高いと評判です。回転寿司と言えども、まわっているお皿は取らずに注文して作りたてを手にとるのがおいしくいただくポイントだそうですよ。是非北陸に訪れた際は回転寿司を楽しんでみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2015年3月4日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)