北陸新幹線開通にともない、今注目されている北陸エリア。特に富山県は日本海の荒波で獲れる新鮮な魚介類が有名なグルメエリア。そこで今回は、地元の方々に聞いた「富山に行ったらこれは買っとけ!」と思うおみやげについて探ってみました。

■北陸三県の人に聞いた!「富山に行ったらこれは買っとけ!」と思うおみやげランキング
1位:ます寿し
2位:氷見うどん
3位:しろえび紀行
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《ます寿し》でした。「富山といえばやはりコレ!」という声が多数あり、1位に輝きました。《ます寿し》は富山県の郷土料理である鱒を使った押し寿司です。鱒の味わいと酢飯がピッタリで、駅弁としても大人気。大人から子供まで幅広い年代に愛されている富山の名物です。2位は《氷見うどん》でした。富山県の氷見市の郷土料理として知られる《氷見うどん》は形がとても特徴的。一般的に太く断面が楕円のうどんが多い中、このうどんは平らで細いのが特徴。ツルンとした食べ応えと歯ごたえが大人気で、温かいうどんとしては勿論、冷やしうどんとしても楽しまれています。3位は《しろえび紀行》でした。富山と言えば「しろえび」です。「富山湾の宝石」とも呼ばれているしろえびを使用したおせんべいがこの《しろえび紀行》です。富山のお米を使用したおせんべいと、しろえびの風味がクセになる一品。おみやげとしても大人気です。
このように、北陸地方は新鮮な魚を中心に名物が多数存在します。富山を訪れた際には、是非これらのランキングを参考におみやげ選びをしてみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2015年3月4日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)