「YOUはさ、アナウンサーになったほうがいいよ!テレビ局に入って、ずっとアナウンサーやんなよ」

8年ほど前、事務所社長のジャニー喜多川氏から突然こう言われたNEWSの小山慶一郎。その3年後、なんと日本テレビ側からキャスターのオファーがきたという。まるで神のお告げのように、見事に的中したこの言葉。ジャニーさんってやっぱりすごい。

2月23日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)に、ジャニーズのアイドルグループ、NEWSの小山慶一郎が出演した。 NEWSではリーダーをつとめるなど、アイドルでありながら、日テレ系夕方の報道番組「news every.」(平日の1部・水曜は2部も)に出演。メインキャスターの一人として活躍している。

連日、午前中から局に入り、打ち合わせや資料の読み込みを行い、時には日テレ社員に間違えられたことも明かした。局から小山専用のデスクを用意するかどうかを相談されたが、「キャスターにとってデスクを持つことは名誉」と辞退したそうだ。

昨年放送の日テレ選挙特番でも、各選挙事務所をまわって中継リポートを担当。落ち着いて的確に状況を伝える様子はツイッターでも大きく話題となるなど、すっかりキャスター業が板についてきた小山。

ジャニーズではこれまでバラエティやスポーツ番組のMCが中心だったが、嵐の櫻井が報道キャスターの道を開拓したことで道がひらけた。小山も「報道の世界にジャニーズ事務所が入ったパイオニア」と櫻井を尊敬。また、櫻井も小山に「チーフの色が違う」と番組の雰囲気と衣装が合っていないことをさりげなくアドバイス。ジャニーズの先輩・後輩としての関係だけでなく、キャスターとしてのやりとりも行われているようだ。

「YOUはさ、アナウンサーになったほうがいいよ」――そう小山に告げたジャニー喜多川氏の先見の明もさることながら、ポジションを与えられてもそう簡単に務まる仕事ではないだけに、小山の素質と並々ならぬ努力が伺える。将来は櫻井と小山のコンビで報道番組を持つのも、そう遠い話ではないのかも。

(柚月裕実)