みなさんの周りに、学生時代にはモテなかったのに大人になって急にモテはじめた遅咲きの男性はいませんか?どうやら学生時代にモテる人と、大人になってモテる人とは少し特徴が異なるよう。そこで今回は、学生時代はモテなかった男性の特徴について探ってみました。

■大人になったら急にモテ始める「学生時代は全くモテなかった」男性の特徴ランキング
1位:成績はトップクラスだったが地味だった
2位:女子に話しかけられると赤面してしまうほどシャイだった
3位:運動神経がなく、文化系の目立たない部活に入っていた
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《成績はトップクラスだったが地味だった》でした。学校、ましてやクラスという小さなコミュニティの中では、目立つ存在の男性がモテる傾向にありました。しかし大人になると一転、良い会社に勤め、高収入を得ている男性が合コンの人気者に! 当時は地味と思われていた男性も、大人になると「落ち着いている」と表現され、モテる人も多いようです。2位は《女子に話しかけられると赤面してしまうほどシャイだった》でした。思春期の真っ只中で、女性と話すのが苦手であった男性の中には、モテない学生時代を過ごしたという人もいるようです。しかし大人になるにつれて仕事で女性と話す機会が増え、女性への苦手意識がなくなることでモテるようになったという男性も。3位は《運動神経がなく、文化系の目立たない部活に入っていた》でした。学生時代にモテる男性の条件のひとつが「運動神経がよい」ということ。体育祭でリレーの選手を務める男性は女性からの人気も高く、一方文科系の部活に入っている男性はなぜかモテない傾向に…。しかし、大人になるとスポーツができること以上に女性が重要視することが増え、急にモテはじめるという人もいるようですね。
このように、年々女性がもとめる男性の条件が変わってゆくことからも、大人になってモテる遅咲きの男性は少なくないようです。久々に開かれた同窓会では、人気がある男性の勢力図がガラリと変わるかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月10日~2015年2月12日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)