大事な会議や待ち合わせの時に限って遅刻する人、あなたの身近にいませんか? そんなときに聞かれる言い訳のなかには、「それならまあ仕方ないか」と思わず納得してしまうものから、笑ってしまうようなものまで多種多様です。今回はそんな「朝起きられない時にする遅刻の言い訳」についてみなさんに聞いてみました。

1位:おなかが痛くて途中下車したので
2位:頭がキリキリ痛いので
3位:電車でトラブルがあったので
4位:めまいがするので
5位:目覚まし時計が壊れたので
6位以降を見る

 1位に選ばれたのは、《お腹が痛くて途中下車したので》。2位の《頭がキリキリ痛いので》同様、体調不良による遅刻理由は、相手に「仕方がないな…」と思わせる言い訳として、多くの人が使っているようです。ただし、あまり使いすぎると「本当?」と疑われてしまうこともあるので要注意。3位は 《電車でトラブルがあったので》。電車の遅れなどが考えられますが、社会人なら「早めに行動して!」と言われかねないかもしれません。5位の《目覚まし時計が壊れたので》は、漫画のワンシーンか!と思わず突っ込みたくなる理由ですね。最近では携帯電話やスマートフォンのアラーム機能を利用している方が多いようですので、「セットし忘れて…」の方が自然かもしれません。
 いかがでしたか?遅刻の言い訳にも色々あるようです。本当に寝坊してしまった時は、変な言い訳はせず、素直に謝った方が、その場の雰囲気も和むのかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年7月18日~2014年7月23日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)