3月14日の北陸新幹線開業でいま注目の「金沢」。2月14日に「かがやき」初列車のチケットが発売25秒で完売になったというニュースも記憶に新しいですが、そんないま話題の「金沢」は、じつは変なものだらけというのをご存知ですか?街を歩けば、そこかしこで正体不明のオブジェたちと遭遇します。

まずは、JR金沢駅東広場にある「やかん体、転倒する。」というオブジェ。高さ約1.7メートル、幅約2.4メートル、奥行き5.4メートルの巨大なやかんです。駅のビルのすぐ横にあり、見た目的は大きなやかんが半分埋まっているような。。。後ろからみてもやかん。ネットでも変なオブジェは話題になっています。

・「金沢の思い出駅前にある謎オブジェの中でもトップクラスの変なオブジェ」(@chaxonin)
・「こんな変なモニュメント?もある金沢駅」(@S23FS)

全ての画像を見るには元記事へ


他にも、街にはボタンのようなオブジェが。。。マカロン?碁石??何なのかは不明です。

・「金沢には変なオブジェがいっぱいあるなあ。4・・・マカロン?」(@shibainubooks)


金沢の繁華街「香林坊」にある「走れ」という作品も、変でシュールなオブジェです。足のような?紐のような?国分寺のゆるキャラ「にしこくん」にも似ているような。。

・「金沢で出会ったシュールなオブジェ」(@11yaboo27)


金沢の市役所前にもさらに強烈なオブジェが。
夢に出てきそうな見た目です。子供が見たら泣き出しそうです。正面からみると人の顔が5つ並んでいるみたいで…こわいです。

・「金沢を振り返る。なーんか変なオブジェが市役所前に←」(@RakSumeBye)

・「5人集まると死角ないわーでも動きづらいわーあとモテなさそうだわー。」(@104kopanda)


ポストもすっごく変!!この謎の物体に「なんだか釘付けになりますよね…」「下からのアングル、いいですね…!何でしょうかあのじわじわくる微妙な存在感は…」といった声も。

・「京都からの金沢へ。何かと思ったこの像はポストのようです」(@globe_lunch)



駅前の大きなやかんといい、足(?)といい、金沢駅までの道や街にはまだまだ正体不明のオブジェがあちこちにさりげなく置いてあり、金沢市内で遭遇する確立は高いです。
ちなみに、大きなやかんは、金沢駅と金沢21世紀美術館を結ぶ「アートアベニュー」を彩ろうと開催された「金沢まちなか彫刻作品・国際コンペティション」で最優秀作品に選ばれた芸術作品です。



■神社やお寺にも!
・「この間,金沢の尾山神社で発見した変な銅像,ストリートビューでモザイク掛けられてたw 」(@since1119y)
ストリートビューでモザイク!?どうゆうことでしょうか?


・「金沢~十二支の像がある、願掛けのお寺に行ってきた。自分の干支のところでお願い事(タスキ参照…笑)したら願い叶うんだって。真剣に願ってきた!!!!!よっしゃ!これで大丈夫だ!笑!」(@__soylatte)

うさぎのお地蔵さんも!?しかも、直立しているうさぎの像は珍しいですね。うさぎの像がある願掛け寺の香林寺は縁結びでも有名なお寺ですが、白い彼岸花の群生することでも知られています。庭にある十二支像の中から、自分と相手の干支を選び、3回お参りすると、思いが叶うといわれているとか。他の十二支の像も気になるところです。


他にも丸いボコボコしたボール上のものや、イカのような下がニョロニョロしたものや、大きなハスのオブジェなどなど。金沢は変なものしかなくておもしろいです。
丸いボコボコしたオブジェは、金沢駅近くにある「ヤンネ クリスチャン ブリックネン」というフィンランドの方の作品です。おおきな◯ンコみたいだ・・・と言われているとかいないとか…



■かわいいゆるキャラも、金沢では
金沢の街では変なオブジェだけでなく、変なゆるキャラにも遭遇します。
Twitterにも、金沢駅で目撃された派手な金色のだるまの目撃情報が多数。だるまなのに超短い手が本体からはえていたり、長い足があったり!?なんだかシュールです。。うしろも派手で、けっこうな達筆で「石川県」と書かれています。

・「金沢駅に変なやつおった」(@abeccoryhkt48)
・「変なゆるキャラに出会った。金沢に新幹線が通るのをアピールしてるらしい」(@fumiyasoccer199)
・「金沢に変なおじさんがおる」(@kimuyuri)


Twitterでも話題になっている「変なやつ」ですが、これは新幹線開業をPRする石川県のゆるキャラ「ひゃくまんさん」で、郷土玩具「加賀八幡起上り」がモチーフになっているとか。金沢の金箔や加賀友禅の模様、九谷焼の色彩を全体にあしらい、目やひげは漆黒の輪島塗を表現しているとか。ネットでは長い手足やその見た目で「かわいくない」など、賛否両論のようです。観光で金沢に行って、道でばったり遭遇したらびっくりですね。


いかがでしたか。金沢名物といえば、金箔、加賀友禅、輪島塗、九谷焼、和菓子など、金沢の歴史を感じられるしっとりしたものが多いですが、その印象とは正反対のファンキーなオブジェたちが本当の金沢の姿なのかもしれません。もはや金沢といえば、変なオブジェの街としか思えなくなってきました。
北陸新幹線が開業したら、金沢の変なものたちを見にいってみては。



(紅屋 Su子@いまトピ編集部)