社会の授業や、ニュース番組などで取り上げられる地名について、「えっ!?今の下ネタでは?」とドキッとした経験はありませんか? 今回はそんな世界中にある地名のうち、下ネタに聞こえるような地名についてみなさんに聞いてみました。

1位:オマン湖
2位:チンコ川
3位:エロマンガ島
4位:オナマン湖
5位:キンタマーニ
6位以降を見る

 1位に選ばれたのは《オマン湖》。発音の仕方によって下ネタ?と感じてしまうかも知れませんが、正式にはオマンレイクでカナダにある湖です。日本語にすると、少しドキッとしてしまうかも。2位は《チンコ川》。中央アフリカを流れる川ですが、地元の方はシンコリバーと呼んでいるようです。シとチの発音は似ているため、これもまたドキッとするワードですね。3位は《エロマンガ島》。漫画にでてくるような、インパクトのあるネーミング。まさか!と思ってしまうかも知れませんが南太平洋に浮かぶこの島は、イロマンゴアイランドが正式名称で、イとゴの響きがこのような誤解を招くことに。4位は《オナマン湖》。1位に選ばれた《オマン湖》と同じカナダにありますが、もうここまできたら、湖の名前の始まりにオやマがついていると、全部そのように聞こえてしまうのかもしれませんね。そして5位は 《キンタマーニ》。バリ島の北東部にあるキンタマーニ高原は観光スポットとして有名です。キンタマーニ高原と正式名称で読むしかありませんね。
 世界には色々な地名があり、発音やイントネーションの違いで下ネタに聞こえてしまうものも多々あります。その地名がどこの国にあって、どういうものなのかを理解すると、下ネタ疑惑を払拭できるのではないでしょうか。

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年7月18日~2014年7月23日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)