節約したいときの強い味方である100円ショップ。今年1月に100円ローソンが260店舗閉店するとニュースになりましたが、まだまだ根強い人気があります。しかし、100円とは思えない優秀アイテムもあれば、「あぁ、やっぱり100円だしな」と残念に思ってしまうものも。そこで今回は、100円ショップで買って後悔したものについて探ってみました。

■100円ショップで買って後悔したものランキング
1位:ボールペン
2位:お菓子
3位:吸盤
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《ボールペン》でした。普通に買うと一本100円以上するところ、なんと10本で100円といった破格の《ボールペン》も存在します。どうせ使い捨てだからと軽い気持ちで買ったはいいものの、結局インクが残っているのに書けなくなってしまったなどのトラブルが多いようで、1位となりました。2位は《お菓子》でした。安いと思って大量に買ったあと、スーパーでもっと安く売られているなんてことも。100円ショップに並ぶお菓子は、100円代のものが多く、お得感も少ないことから上位にランクインしました。3位は《吸盤》でした。キッチンや冷蔵庫にピタッと貼って使用する《吸盤》も、100円だからこそのデメリットがあるようです。「すぐに剥がれてしまう」「少し重い物をかけるとすぐに落ちる」などと嘆く人が多いよう。
このように、100円ショップだからこそお得に買えるものもあれば、逆に損をしてしまうものもあります。これらのランキングを参考に、100円ショップで買うべきものと買わない方がよいものを区別してみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年1月19日~2015年2月2日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)