こんにちはスピリチュアル女子大生のCHIEです。
2月になっていよいよ冷え込みが厳しくなってきましたね~。空気は乾燥しているし、寒いし・・・、そんな時は、温泉の湯けむりが恋しくなりますよね。ということで、今回はCHIEイチオシの温泉をご紹介します。
なんとそこはパワーストーンでできた露天風呂!!
「薬石の湯 瑰泉(かいせん)」です。
新日本観光地100選にも選ばれた温泉郷「石和温泉」にあります。駅から車で5分で、駅から送迎バスも出ていて、平日にも限らず多くのお客さんで賑わう大人気のスパランドです。料金は大人2,100円、子供1,050円で24時間追加料金なしで滞在出来ます。これなら時間を気にせずゆっくりできますね。

全ての画像を見るには元記事へ

館内は広々としていて、壁や床などいたるところに石が置かれています。実はここ「薬石の湯 瑰泉」は元々宝石屋さんが営んでいるスパなのです。宝石屋さんの目利きで選び抜かれたハイグレードな石たちの輝きに目移りしながら、いざ露天風呂へ!!

その名も宝石露天風呂」。
看板に書かれた説明に胸を弾ませて見えてきたのは・・・、岩風呂の岩の代わりに巨大なローズクォーツ!!!ローズクォーツといえば女性の憧れ。傷付いた心を癒し、内面の輝きと愛を取り戻してくれる効果のある、恋愛・美容のパワーストーンです。そして、他にも邪気を払う神秘の石ソーダライトや、浴槽の底には心身の疲れを癒すメノウやトルマリンが敷き詰められ、様々な種類のパワーストーンが惜しげもなく使われています。私が行ったのはもちろん女風呂ですが、男風呂にはローズクォーツの代わりに世界最大級の大きさのレッドジャスパーが使われているそうです。う~ん、贅沢すぎる!!

ちなみにお湯は石和温泉のアルカリ性の泉質+電気石トルマリンの分解水を使ったブレンド湯。トルマリンが刺激を受けて微弱な電気を発するらしく、神経痛や関節痛、冷えにも効果があるそうです。匂いもなくお肌がツルツル、スベスベになりました!パワーストーンに寄りかかりながら、アルカリ性単純温泉と薬石泉のWパワーの温泉に浸かれるなんて、疲れも浄化されて癒し効果抜群です。

そして温泉の他にも、こちらでは薬石を使った癒し空間「薬石ドーム」というものもあります。700度で焼かれた麦飯石・トルマリンの熱で温められたお部屋です。150畳という広い空間なのでサウナほどの暑さはなく、リラックスして過ごすことができます。お客さんの中にはこの中で本を読んだり、ヨガをしていたりする方も。

私が一番気に入ったのは薬石ドームの中にある「薬石室」。アメジストやトルマリン、ゲルマニウム、麦飯石などの薬石が敷かれた、かまくら型の室内で岩盤浴をすることが出来ます。岩盤浴初体験の私は、「暑いのかなぁ~」と最初は心配していましたが、実際石に触れてみると程よい温かさで気持ちが良かったです。お腹や目の上にも石を乗せて、30分ぐらい寝転んでいると滝のように汗が出て全身がポカポカに温まります。でも不快感は全くなくて不思議とすごく気持ちが良い~!これも石の持つパワーの効果なのでしょうか!?

他にもエステやホットパペットといったストーンセラピーなど、癒しのサービスが充実していて大満足でした。2,100円で存分に楽しめて全身リフレッシュできたのでまた来たいです。このためだけに山梨に観光に行っても良いと思います。

皆さんも魅力がたっぷりの「薬石の湯 瑰泉」で石のパワーに触れて、心身共に疲れを癒してみてはいかがでしょうか?


「薬石の湯 瑰泉」
住所:山梨県笛吹市石和町四日市場1679
中央線「石和温泉駅」より5分
電話番号:055-262-1830
定休日:年中無休
営業時間:24時間営業
入館料金:
大人/2,100円(12歳以上)
子供/1,050円(3歳以上)
幼児/無料(館内着・タオルを使用時1,050円)


(スピリチュアル女子大生CHIE)