猫をかぶるといえば「本性を隠して表面だけ大人しそうにしてる様子」という、あまり良くない意味の慣用句です。隠した本性がバレれば横暴、陰湿、ワガママなキャラクターとして嫌われる人が多いのですが、そんな猫の風評被害を吹き飛ばす(?)ような「猫をかぶった」人たちがTwitterに続々出現しています。

まさに言葉通りの「猫かぶり」な人々の画像達をどうぞ!


■ものすごく楽しそうな猫かぶり主画像
画面から滲みでるなんとなく楽しそうな雰囲気。
ドヤ顔の猫もたまりません。
猫かぶった結果、なぜか調子に乗ってしまうタイプ。

【全写真・元記事】はコチラからご覧いただけます


■キメ顔なのに猫はどうでも良さげ画像
ずいぶんキメ顔で猫かぶりしていますが、外側の猫はどうでも良さそう。
内心女の子に興味深々なのに表面上、興味なさそうに振る舞う思春期男子そのものです。



■猫をかぶってチャット画像
猫をかぶってチャットでしょうか?
女子の本気の猫かぶりはたぶん男子には見抜けません……。


■鋭い視線の猫かぶり画像
こちらはむしろ、猫をかぶっているのにまったく猫をかぶっていない。
猫、主張強すぎです。むしろ猫が本体。強気の営業をかけたい時などに。



■バット?マン画像
猫をかぶれば正義の味方にだってなれるというよい証拠です。
便利ですね。猫かぶり。今日からあなたもヒーローです。


また、猫をかぶりたいのは人間だけではありません。

■猫をかぶる犬画像
犬だって猫をかぶりたい時があるんです。


そして、こんな猫かぶりブーム?に付き合わされて、


■うんざり顔の猫画像
どことなく迷惑そうな様子の猫。



■心底うんざり顔の猫画像
こちらは露骨に不満顔



■反撃する猫画像
ついに反撃にでる猫も!!


かぶるべき猫に見放された結果、


■ある意味これ以上なく正しい猫かぶり画像
人々は新たなる猫かぶりの世界へ


いかがだったでしょうか?
猫かぶりといっても千差万別。かぶる猫によって性格はまったく変わってしまいます。
あなたも本性を隠したい時は、身近な猫を実際に被ってみてはどうでしょう?



ちなみに猫かぶり(物理)はそれなりに昔から行われているらしく、


■モノクロの渋い猫かぶり画像
このやたらカッコいい猫かぶりは1962年のものだそう(写っているのはHerbert Tobiasというドイツの写真家)

猫をかぶりたい欲求は時代、国を問わないようです。


(いまトピ編集部)