いよいよ明日はバレンタインデー。チョコレートがもらえるかドキドキしている男性も多いはず。では、男性は女性からどのようにチョコレートを渡されると「嬉しい」と感じるのでしょうか。そこで今回は、ドキッとするチョコのもらい方について探ってみました。

■男性に聞いた!ドキッとするバレンタインチョコのもらい方ランキング
1位:ストレートに「好きです!」と言われながら
2位:顔を赤らめつつ「義理チョコじゃないからっ」と言われながら
3位:恥ずかしそうに、もじもじしながら
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《ストレートに「好きです!」と言われながら》でした。やはり分かりやすく直球で「好きです!」と言われるのが嬉しい男性が多く、1位に輝きました。年に一度、女性から男性へ思いを伝える日だからこそ、愛の告白を期待してしまうようですね。2位は《顔を赤らめつつ「義理チョコじゃないからっ」と言われながら》でした。恥ずかしがって直球で「好き」とは言えない女性が、照れながら発するこの一言に胸キュンする男性が多数。照れながらも告白してくれたことに喜びを感じるようです。3位は《恥ずかしそうに、もじもじしながら》でした。何のためらいもなく告白されるより、恥ずかしがってなかなか言えない女性ががんばって告白する様子にドキッと胸が高鳴るようです。逆に「好きだから付き合って」とためらいなく言われると、拍子抜けしてしまうとの声も。ストレートに気持ちは伝えつつも、少し照れながら言うのがポイントのようですね。
このように、男性にはバレンタインデーの理想の告白があるようです。今年はこれらの渡し方を参考に、男性をドキッとさせてみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年1月19日~2015年2月2日
有効回答者数:男性250名