今年もいよいよ食欲秋がやって来ました。この季節を待ち望んでいた方は少なくないはず。なかには「これを食べないと秋が始まらない!」という、こだわり食材やグルメがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、秋の味覚に関する2つのランキングをご紹介します。
  ■秋の味覚といえば?
1位 サンマ
2位 栗
3位 マツタケ
4位 梨
5位 柿

   まずご紹介するのは、「秋の味覚といえば?」ランキング。1位を獲得したのは《サンマ》でした。9月から10月にかけて旬を迎える《サンマ》は、漢字で書くと「秋刀魚」。名前の中にも「秋」の漢字が用いられるほど、秋のグルメとして有名な魚ですね。2位《栗》、4位《梨》、5位《柿》と秋の果物も多数ランク・インしました。5位の《柿》の食べ方の一つに、渋柿を干して食べる干し柿という食べ方があります。よく「渋抜きをする」と言いますが、実は渋みが抜けているのではなく、《柿》を乾燥させることによって渋みの元である「シブオール」という成分が溶性から不溶性に変わり、渋さを感じなくなるというメカニズムだそうです。3位には高級食材として知られる《マツタケ》もランク・イン。一般の食卓ではなかなか手を出しづらい食材ですが、スーパーなどで《マツタケ》が出まわるのを見かけると、「秋が来たなあ」と実感する方は多いのではないでしょうか。

秋の味覚といえばコレ! 好きなきのこランキング
1位 シイタケ
2位 まいたけ
3位 えのきだけ
4位 松茸
5位 エリンギ

 そんな《マツタケ》ですが、実はきのこ類の中では圧倒的人気というわけではない様子。秋は《松茸》だけでなく、多くのきのこが発生する時期として知られています。一説には2万以上とも言われる種類の中でも、多くの人から好きなきのこ1位に選ばれたのは食卓でおなじみの《シイタケ》でした。「秋の味覚といえば?」ランキングで見事3位にランク・インした《松茸》は残念ながら4位という結果に。トップ3には、《まいたけ》、《えのきだけ》と、いずれも食卓でおなじみのきのこが並んでいることから、《松茸》の敗因は秋の味覚ながら食卓にあまり並ばないことだと考えられそうです。
 今回ランク・インした秋の味覚以外にも、秋はさまざまな食材を美味しくいただける季節。今年はおいしいものをたくさん食べて、秋の訪れを感じてみては。くれぐれも食べ過ぎにはご注意を!

gooランキング編集部(ぐ)