タレントのベッキーと、人気ロックバンド「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音に、まさかの不倫疑惑が浮上。急遽開かれた記者会見ではこの事実を否定したものの、これまでクリーンなイメージで好感度をキープしていたベッキーだけに、全国のお茶の間に衝撃が走りました。そんなベッキーですが、昨年gooランキングが行なった調査「意外と心の闇が深そうな芸能人ランキング」では1位になっています。今回の報道を考えると、なんだか納得感があるような…!?

※以下は2015年2月執筆記事
-----------
いつも明るい性格の人でも、意外と心の奥底に闇をかかえている人は少なくありません。では、どのような人が“心の闇が深そうな人”なのでしょうか。そこで今回は、意外と心の闇が深そうなイメージの芸能人について探ってみました。

■意外と「心の闇」が深そうな芸能人ランキング
1位:ベッキー
2位:ふなっしー
3位:草なぎ剛(SMAP)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《ベッキー》が選ばれました。テレビでは常に明るく元気なイメージがある《ベッキー》。「いつも元気な分、家ではドッと疲れて無口になっていそう」「実は無理をして元気に見せているのでは…」といった裏の顔を探る声が多数。いつも元気なだけに、心配になってしまう人が多いようです。

2位には《ふなっしー》がランク・イン。もちろん着ぐるみではなく、妖精として存在する彼ですが、人気が急上昇したことから仕事が増え、中にいる時間…いや、《ふなっしー》でいる時間が長くなり、精神的な疲労が増しているのではないかと考える人が多いよう。ハイテンションで仕事を終えた後は、今度は《ふなっしー》ではなく自分の殻に閉じこもっているかもしれませんね。

3位は《草なぎ剛》でした。SMAPの一員として、個人としても実力派俳優として知られる《草なぎ剛》。しかしテレビで見る真面目で几帳面な性格からか、「家ではかなり暗そう」といった声が多数。また、大のデニム好きということもあり、「デニムに話しかけていそう」といった過度なデニム愛を危惧する声も。

このように、いつもテレビで元気な姿しか見せない人や、何かのマニア的な要素を見せる人が「心の闇が深そう」「ブラックそう」と思われているようです。芸能人だけでなく、周囲の意外な人が「実は闇が深い…」ということもあるかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年1月16日~2015年1月20日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)