嗅覚・視覚を刺激する行為にご用心

会社は、社会人が自宅以上に長い時間を過ごす場所ですよね。そして会社には、家族以上に長い時間をともにする同僚や上司が在勤しています。彼らは仕事をするうえで頼もしい相棒になってくれますが、時に周りが「これだけは改善してほしい…」とイライラしてしまうほどの悪習をもっていることもしばしばです。今回は、そんな「同僚の迷惑行為」に関する2つのランキングをご紹介します。

  ■実は迷惑だと思っているけれどそう言えない職場での他人の行為ランキング
1位 咳やくしゃみがひどいのにマスクをしない
2位 きつい香水をつけている
3位 タバコ臭い
4位 頻繁に舌打ちをする
5位 常に貧乏ゆすりをしている

まず、「実は迷惑だと思っているけれどそう言えない職場での他人の行為ランキング」から見てみましょう。1位は、《咳やくしゃみがひどいのにマスクをしない》。咳やくしゃみで周りに唾をとばすのは迷惑な行為ですね。感染の心配がない症状の場合でも、周りがそれを知っているとは限らず、いやな思いをさせてしまうことがあります。オフィスではデスクが向かい合わせで並んでいることも多いので、迷惑がかからないようにできるだけマスクを着用するようにしたいものです。また、4位の《頻繁に舌打ちをする》も意外と指摘しにくい迷惑ポイント。舌打ちは悪態と同じようなニュアンスがあるので、ビジネスの場にはあまりそぐわない行為といえます。また、舌打ちは誰に向けられているのかが掴みにくいため、そばにいる全員がいやな思いをしてしまうことも。悪態をつくにしても、心の中に留めておいたほうが賢明といえるでしょう。

夏の会社でイラッとしてしまう同僚の○○ランキング
1位 香水のニオイがキツイ
2位 冷房を勝手に強めたり弱めたりする
3位 自席で靴を脱ぎ、その足が臭う
4位 通勤でかいた汗の処理をせず、臭う
5位 口を開けば「暑い」ばかり言っている

  夏独特のイライラ行為についても意見が寄せられています。「夏の会社でイラッとしてしまう同僚の○○ランキング」第1位は、《香水のニオイがキツイ》。夏は空調管理のためにオフィスを閉めきることも多く、室内に匂いがこもりやすいものです。どうしても香水をつけたい時は、体の下のほう(ウエスト・太ももなど)につけて香りすぎないようにする、香水の量を減らすなど、相手を不快にさせないように心がけたいもの。また、3位の《自席で靴を脱ぎ、その足が臭う》のように、体臭に関するお悩みもランク・イン。夏は汗をかきやすく、体臭も匂いやすい季節ですよね。蒸れた靴を脱いだあとは、靴下を替えたり、さっとデオドラントスプレーをかけたりなど、匂い対策を行うと事態を改善できそうです。
自分ではあまり気にならない行為も、他人に迷惑になってしまうこともあります。会社は社会人にとって、第2の家といっても過言ではないほど長くお世話になる場所です。周囲の人のことを考えた生活態度を心がけて、お互いにとってよりよい職場環境をつくってみてはいかがでしょうか。

gooランキング編集部(ぐ)