花火デートを楽しむために必須のコトって?

 夏といえば海、夏休み、スイカ、盆踊り、浴衣…そして花火大会! 今年の夏も各地で花火大会が開かれ、暑い夏の夜空を彩ります。しかし、近年どこの花火大会もよりいっそう混雑が予想され、せっかくの花火デートも恋人の機嫌が悪くなって台無し、なんてことのないように花火デートを成功させるコツをgooランキングから探ってみました。

■花火大会でありがちなイラッとすることを回避するためには
 過去にみなさんに聞いたgooランキング「花火大会でありがちなイラッとすることランキング」から注意とすることを改めて確認してみると…

花火大会でありがちなイラッとすることランキング
1位 道が混んでいて歩けない
2位 混雑していて気軽にトイレに行けない
3位 ゴミが散らかっている
4位 帰りの電車が混雑していて乗れない
5位 屋台の食べ物の値段が高い

 1位にランクインした《道が混んでいて歩けない》はお祭では避けては通れないもの。混雑ピークの時間帯を避け、開始時間に余裕を持って到着する、終了を待たずに早めに退散するなど、ゆとりを持った行動をすれば少しは回避できるかもしれません。また2位の《混雑していて気軽にトイレに行けない》についても同様に時間に余裕を持って動く、またあらかじめトイレの場所をいくつか把握し、近場に待機していると何かと便利。何にせよ、イライラを溜め込まず心にもゆとりを持った状態でいることがデートを成功させるコツなのではないでしょうか。

■花火大会に持っていくと便利な必需品
 手ぶらで行きたいところですが、いくつか持っていくと快適に過ごせる便利なものをランキングで見てみましょう。

花火大会を快適に楽しむための必需品ランキング
1位 虫除けスプレー、虫さされ用の薬
2位 うちわ、扇子
3位 レジャーシート
4位 アルコール類
5位 ソフトドリンク

 花火大会は野外が基本。蚊に刺されたら痒くてきれいな花火も楽しめません。そこで1位《虫除けスプレー、虫さされ用の薬》は携帯しておくのがベスト。また暑さ防止に2位《うちわ、扇子》があれば人ごみの熱気の中でも多少は涼しくなるでしょう。また、3位《レジャーシート》があれば、立ちっぱなしで疲れるのを防ぎ、服を汚さず座って楽しめます。またのどが渇いたときに4位《アルコール類》、5位《ソフトドリンク》も混雑の中を買いに行く手間を考えたら確保していたほうが無難です。ただし、《アルコール類》の飲みすぎでトイレが近くなる場合もあるので程々にセーブするのも快適に過ごすコツかもしれませんね。
 準備を念入りに重ねても、混雑するのが花火大会。逆に混雑を楽しむくらいの心の余裕をもって相手をエスコートしてあげるのが花火デートを成功させるコツ。花火大会で素敵なひと夏の思い出をつくってはいかがでしょうか。

gooランキング(お)