~完璧な社会人であることに疲れたら~

 今年2014年のゴールデンウィークは飛び休ですが、4月26日(土)から5月6日(火)まで連続して休めたならば11連休。出かける予定を立てるのはとても楽しいけれど、脳裏ではすでにゴールデンウィーク明けに憂鬱になり気分が落ち込む“五月病”の心配をしている方も多いのでは。

 そこでgooランキングで集計した数々の名言ランキングから上位にランクインした五月病に効きそうな「名言」をご紹介します。


▼嵐の中にボートを出すばかりが勇気じゃないんだよ。(スナフキン)
 ムーミン谷の旅人スナフキン。自由と孤独を愛する彼の発言の数々は、ムーミンシリーズにさらに深みを与えてくれます。
厳しい状況、新しい環境にいるとどうしても「やらなければ」という使命感ばかり先立ってしまい、うまくできなかった場合は自分を責めてしまうことも。そんな追い詰められた気分のときは、このスナフキンの名言を思い出してはいかがでしょうか。
ムーミン谷の旅人 スナフキンの「考えさせられる名言」ランキング

▼人を信じよ。しかし、その百倍も自らを信じよ。時によっては、信じきっていた人々に裏切られることもある。そんなとき、自分自身が強い楯であり、味方であることが、絶望を克服できる唯一の道なのだ。(手塚治虫)
 ブッダ、火の鳥シリーズをはじめ、数々の作品で「人生とは、人間とは」という命題を哲学的に追求していた手塚治虫。生涯をかけてマンガを15万枚描いたとされ、常に自分を高めて表現の限界に挑んでいた手塚治虫でも、この言葉の中からは自分を信じろという強い意志と、「人を信じろ」という他者への愛情を感じることができます。実社会でも追い詰められてつらい時、まず人を信じ、さらに自分を信じることによって不安を少しでも打ち砕いてはいかがでしょう。
心に刻んで生きていきたい手塚治虫の名言ランキング(人生編)

▼99人があきれても、1人が笑うなら俺達の勝ちじゃねぇか。(江頭2:50)
 最後にイベントやテレビに引っ張りだこ、「エガちゃん」の愛称でおなじみのお笑いタレント「江頭2:50」の名言から。
みんなにいい顔をして誰にでも認められたい…その気持ちに気づかず、ますます自分を追い詰める事態に陥っている人もいるのでは。たった一人だけでも認めてくれたら、それだけでいい。そう感じることによって誰からもいい子に見られたい自分のカラを破ることができるかもしれませんね。
この他にも「人生は何度だってリセットできんだよ。 俺を見ろ。笑え。 笑って泣け。」など、彼の口からはいくつものアツい名言が飛び出しています。
江頭2:50の好きな名言ランキング

 これらの名言からは「人間、完璧でなくてもいい」という、人への温かいまなざしが感じられます。社会生活における悩みは他の人にいわせるとちっぽけかもしれませんが、自分にとっては重大な悩み。週末リフレッシュしても完璧でいけないという思い込みから気分が落ち込み、毎週日曜日、サザエさんの放送とともに日曜の終わりを悲しむ「サザエさん症候群」にも効果があるかもしれません。

 疲れてくじけそうになった時、これらの名言を心に留めて深呼吸してみてはいかがでしょうか。ゆっくりと気持ちが晴れるかもしれませんね。

gooランキング編集部(オ)