〜3月2日(日)まで無料開放〜

 みなさんは「蒲田」と聞いて何を思い出しますか?

蒲田餃子? 蒲田行進曲? あ、子どものころ観覧車に乗った記憶が…? という人もいるのではないでしょうか。JR蒲田駅(東京都大田区)にある蒲田東急プラザ。屋上には長年親しまれた小さなチューリップ型の「観覧車」があります。そんな、蒲田名物である屋上観覧車「グレ太の観覧車 フラワーホイール」を含む屋上遊園地の45年の歴史に2014年3月2日(日)、幕が降ろされることとなりました。

 蒲田東急ビル(現在の蒲田東急プラザの前身となるビル)に1968年オープン。当時の屋上遊園地にあった観覧車は通称「お城観覧車」として親しまれており、1989年に現在のチューリップの形の観覧車に。

 そんな歴史のある都内で唯一現存していた蒲田の町を見下ろす屋上観覧車が、今秋に予定されているビルのリニューアルに伴い、長年の歴史にフィナーレをうち閉店の運びに。お客様へ感謝の気持ちを込め、最終営業日の3月2日(日)までは、なんと無料で開放されるそう。(※ただし、3月1日(土)・2日(日)の観覧車無料開放は16:00〜19:00。)

 なお、今回蒲田の屋上遊園地が閉店することにより、東京近郊で屋上観覧車があるのは、埼玉県川越市の「丸広百貨店」のみ。(PinQA〜デパートの屋上観覧車まとめより)今回蒲田屋上観覧車に都合があわなくて行けず残念だと感じている人は足を運んでみてもよいかもしれません。

 gooランキング「観覧車での思い出は?」によると1位は《家族とのお出かけ」、続いて2位には《恋人とのキス》、3位には《街を一望できた》がランク・イン。蒲田は下町でおいしいB級グルメや黒湯が湧き出る温泉など、実は味があるデートスポットに事欠かない街。今週末は思い出作りにおでかけしてみてはいかがでしょうか。

PinQA編集部

20140228_1900