〜2月9日東京都知事選に行こう〜

 今週末、2月9日(日)は東京都知事選挙投票日。東京都の顔を選ぶ今回の選挙は16人が立候補。昨年(2013年)夏の参議院選挙よりネット選挙も解禁され、選挙に興味を持ってもらおうと各候補者たちはネットでも様々な取り組みをしています。

 以前gooランキングで集計した「ネット選挙解禁で投票意欲は変わった?」ランキングによると、「1位:特に意欲は変わらず」、「2位:以前と同じで投票意欲はわかない」など、ネット選挙解禁により投票への興味が高まったとは言えない模様。そんな中有権者でもある飲食店をはじめとする様々な業種の一部店舗で告知されヒソカに話題を読んでいるのが「選挙割」です。

 「選挙割」とは、選挙で投票した人(期限前投票を含む)を対象に商品の割引やサービスを受けることができること。方法はお店により様々。たとえばアメリカ発のアイスクリームショップ「Ben & Jerry's」では特設サイトを経由しFBに「いいね!」して投票の意思表示を行ない、実際に投票した場合、都内3店舗にてスモールサイズのアイスを一つプレゼント。また、東京の下町、東陽町の中古レコード屋「ダウンタウンレコード」では投票時に申告してもらえる投票済証明書を提示することにより、2月14日まで何度でも15%引。また、笹塚駅前にあるボウリング場「笹塚ボウル」では投票済証明書を持っていくとボウリング無料券三枚に。そのほかのお店でも投票済証明書提示により割引を実施しているところもあるので、投票に行ったときは係りの人に声をかけて取得してみては。

 その他のお店はPinQA「東京都知事選 ちょっとお得な「選挙割」を行っているお店まとめ」にまとめられているのでぜひご覧になってみてください。

 東京の未来を作るのは有権者である私たち。未来を考えて投票したことにより、ちょっとだけお得なことがあるなんてステキだと思いませんか。

PinQA編集部

20140207_1500