だってワタシが食べたいし

 クリスマスにお正月が過ぎたら、次にやってくるイベントと言えばそう「バレンタイン」。日本では女性が男性に愛を告白する日として定着していますが、近年は「友チョコ」「自分チョコ」なるものの存在感がどんどん増して、バレンタインの様子はすっかり様変わりしているのかも…!? そんな予想を裏付けるランキング調査が出ました。

女性がバレンタイン前に実はやっていることランキング
1位 自分が食べたいチョコを探す
2位 手作りチョコの練習をする
3位 用意する義理チョコの数を念入りにカウントする


 本命にあげる「手作りチョコ」の準備や義理チョコの用意を差し置いて、1位になったのは《自分が食べたいチョコを探す》という回答。バレンタインのこの時期には、和洋問わずほとんどのお菓子ブランドで特別チョコが販売され、チョコ好きな女子にとってはまさに至福のシーズン。男性にあげるよりもまず自分のチョコを選ぶというのは、女子にとっては「アタリマエ」すぎる行動なのかもしれません。

 バレンタインのお財布事情にも同様の傾向が。Yahoo!ニュースの意識調査では、こんな結果が出ていました。

バレンタイン、本命への今年の予算は?
1位 チョコは渡さない(638票)
2位 〜2,000円(240票)
3位 〜1,000円(219票)
(Yahoo! ニュース意識調査調べ 対象は1,707人。実施期間2014年1月21日〜2014年1月31日)

 1位の「チョコは渡さない」派には「そもそも渡す人がいない」人ももちろん含まれているはずですが、そんな人も《自分が食べたいチョコを探す》ことはしているのかも。バレンタインはだんだんと「女子による、女子のための」イベントと変化しているのかもしれませんね。

gooランキング編集部(さ)

20140208_1700