まだ知らない東京の一面がきっとある

 商業地として、観光地として、なにより人口が1,300万人を超える世界最大級のメトロポリスとして。2020年の五輪開催も決まり「東京」はますます熱い場所になりそうですが、現時点でもこの大都市には様々な魅力が満載です。2013年9月に調査した最新の「東京都といえば浮かぶものランキング」を見てみると、こんな結果になっています。

東京都といえば浮かぶものランキング
1位 東京タワー
2位 東京スカイツリー
3位 東京ドーム


 2011年11月に「世界一高いタワー」としてギネスにも認定された高さ634mの《東京スカイツリー》。この新名所が2位に食い込むも、1位は古くからの東京シンボル、《東京タワー》が死守しました。同ランキングに並ぶのは東京観光のガイドブックを開けば誰でも目にする「名所」ですが、東京の魅力はもちろんこれら有名スポットだけでは語りつくせません。たとえば、多くの人口を抱える東京には魅力ある商店街も点在。街ごとに特徴があるので、飽きることなく散策できます。

行ってみたい東京都内の活気がある商店街ランキング
1位 アメヤ横丁
2位 築地場外市場
3位 かっぱ橋道具街

また、人が多い東京では「人間ウォッチング」も大いに楽しめます。地方からたくさんの人が集まる東京では、こんな様子の人を見かけることもしばしば。

上京したての人が驚く東京あるあるランキング
1位 東京駅が広すぎて迷う
2位 家賃が高い
3位 人が多すぎて圧倒される

新旧あわせ持ち、混沌としているけれど秩序もある…など、様々な面を持つからこそ魅力的な街、東京。あらためて散策してみれば、きっと意外な発見があるはずです。

gooランキング編集部(さ)

20131014_1100