LINEやTwitterなしには、もう恋愛は語れない!?

 シャイで恋愛に奥手な人にはハードルが高い、「電話番号教えて!」というセリフ。そんなとき救世主になってくれるのがSNSです。「Facebookやってる?」だったら気軽に聞くことができますよね。ダイレクトメッセージのやりとりで、周りに気付かれずコッソリ仲を深めている人もいるのではないでしょうか。実際に会ったことのない相手をSNS上で好きになるという人も珍しくないようです。

インターネットで恋に落ちる瞬間ランキング(女性編)
1位 考え方に共感が持てる
2位 落ち込んでいるときにやさしいコメントをくれる
3位 言葉遣いがやさしい、丁寧
4位 趣味が似ている
5位 よくコメントをしてくれる


 インターネットで「恋に落ちる瞬間」を女性のみなさんに聞いてみたところ、1位は《考え方に共感が持てる》、4位は《趣味が似ている》でした。「気が合うかも…」とピンときた瞬間に恋に落ちることってありますよね。好きな相手と面と向かって話すのが苦手で恋愛がなかなかうまくいかないという人でも、SNSであれば自分の考え方や内面を相手に伝えやすいもの。「話し上手」がモテるという単純な時代ではもうないのかもしれませんね。
爆発的に普及しているLINEも現代の恋愛には欠かせないサービス。グループでの気軽なやりとりから、次第に1対1の親密なやりとりに…なんてこともありそうです。

「この人私のことが好きなのかな?」と思うLINEでのやりとりランキング
1位 LINEでのやりとりが何日も続く
2位 返信がとにかく早い
3位 ハートマークを多用する
3位 送ってくる文章が丁寧
5位 送ったメッセージがすぐに「既読」になる

 「ひょっとして私のこと好きなのかな…」という思い込みは、恋の始まりに欠かせないもの。LINEならではの思い込みには、《ハートマークを多用する》や《送ったメッセージがすぐに「既読」になる》が挙がりました。送り先の相手がメッセージを読んだことがわかる「既読」の機能では、早ければ早いほど「自分に興味があるのでは…?」と舞い上がってしまいがちです。「スタンプ」はキャラクターの表情がわかりやすく、相手の感情が伝わりやすいと人気の機能。キャラクター同士がイチャイチャしているものが送られてきたら「ひょっとして…!」と思ってしまいますよね。もしかしたら勘違いということもあるかもしれませんが、妄想をふくらませるのは自由です。今後どんなサービスが恋愛市場を動かすのか、目が離せませんね。

gooランキング編集部(ぐ)