友達って…なんですか。

 大学時代の友達に連絡したら、いつの間にか結婚して近々出産という話をされた。その友達以外にも妊娠中の友達が何人かいる…という近況まで教えてくれたけれど、そんな事実は全く知らなかった。おめでたい話なのに、なぜか悲しくなってしまった——。

 実はこの話、gooランキング編集部に寄せられた投稿にあった話。その方の体験をもとに、「他の人はそんな悲しい思いをしたことがないか?」という質問があったので、gooランキングで実際にアンケートをとってみたのが次のランキングです。

大人になって女友達のことでショックを受けたことランキング
1位 久々に連絡したらアドレスが変わっていた
2位 生活の違いなどで話が全く合わなくなった
3位 結婚する(した)ことを知らせてくれなかった



 投稿にもあった《結婚する(した)ことを知らせてくれなかった》は3位と上位にランク・インする結果に。仲が良いと思っていた友達の一大イベントである結婚を全く知らずにいたかと思うとかなりのショックを受けてしまうのは当然ですよね。6位以降も《仲が良いと思っていたのに結婚式に呼ばれなかった》、《結婚後、連絡を全くしてこなくなった》など、結婚を境に友達とのコミュニケーションがうまくいかなくなってしまう…というのはよくあることなのかもしません。

友達同士で違うと辛いことランキング」で《金銭感覚》や《物事の考え方/価値観》が上位にランク・インしていますが、これらはまさに結婚や出産で変化する可能性が高いとも言えるもの。それゆえ結婚や出産といったライフイベントを通して、友達と《生活の違いなどで話が全く合わなくなった》りすることも、ある程度は仕方のないことかもしれません。

 ズバリ「友達が減る理由ランキング」の上位には、《休みが合わなくなった》、《仕事が忙しくなった》、《結婚した》、《子どもができた》といった項目が並んでおり、ライフスタイルの変化によって友達が減ってしまう人が多いのは紛れもない事実と言えそう。逆に言えば、そういった変化があっても変わらず友達でいられる友達こそ、自分が大切にすべき友達なのかもしれませんね。

gooランキング編集部(さ)