は、花火大会にだって使えるんだからねッッ

 8月のお盆休みの時期といえば、リア充は東京湾の花火大会へ、非リアは「夏コミ」ことコミックマーケットへ行く季節。最近はリア充なオタクも多いので、夏コミ帰りに花火大会に行く人も多いのではないでしょうか。

 そんなイベント盛りだくさんの夏。非リアにもリア充にも関係なく、外出すると「あれ持ってくるの忘れた!」「アレがない」「コレがない」「カネがない」「恋人イナイ」のように困ることが多々あります。こんな時に知っておきたい、夏コミにも花火大会にもお役立ちのスポットまとめがありますよ。

夏のイベントに役立つ場所まとめランキング
1位:東京穴場のコインロッカーまとめ
2位:東京ビックサイト周辺のATM場所まとめ
3位:国際展示場付近のドラッグストア
4位:東京ビッグサイト付近の100円均一
5位:ビッグサイト付近の漫画喫茶まとめ




 1位は遠方から来る人に便利なコインロッカー。オタクは何かと荷物が多いもの。大事な本やグッズを抱える前に、不要な荷物と現実はロッカーの中に押し込んでからイベントに行きたいですね。リア充の方は、浴衣に似合わないバッグなどを入れるのに便利ですよ。会場付近のコインロッカーは混雑で使えなくなることがありますので、少し移動してでも他の駅のコインロッカーを利用するのが吉かもしれません。

 2位はATM。ビッグサイト付近のATMから金が消えた……だと? という事件が数年前にありました。事件というか、みんながお金を下ろしてお金がなくなってしまっただけでしたが…。そんなことのないように、お金はしっかり準備してから出かけましょう。オタクは千円札、リア充男子は女の子の前で格好がつくように万札がベターですよ。小銭もしっかり持っていきましょう。

 3位はドラッグストア。熱中症対策にグッズを買うのに便利です。少々具合が悪くても無理してイベントに行きたい…。薬も揃っているので、そんな猛者にもオススメです。サンダルや下駄で「足がイタイよぉ…」な女の子に、すかさず「俺、ドラッグストアの場所知ってるんだ」なんて言うとポイントアップです。ちなみに靴擦れには「キズパワーパッド」がおすすめですよ。

   それでは皆様、よいお盆休みを。

PinQA編集部