『あまちゃん』の聖地 久慈市とアメ横

 「じぇじぇじぇ!」というセリフでおなじみのNHK連続テレビ小説『あまちゃん』を、毎朝楽しんでいる方も多いのでは? 岩手で一皮むけて、アイドルを目指すことになったアキをこれから待ち受けるのは…? 演技・実力ともに申し分のないクセのある魅力的なキャストに懐かしの80年代年代ネタが織り交ぜられ、無駄なく伏線が張り巡らせている話作りは見逃せません。

その魅力をきわだたせているのは、なんといってもリアリティのある舞台設定。岩手・北三陸編では主人公・アキとミス北鉄のユイからなるアイドルユニット「潮騒のメモリーズ」を乗せたお座敷列車が、実際に岩手の「三陸鉄道」でも期間限定運行。舞台となる久慈市全面協力の元、ロケが行われていました。

6月よりアキがアイドルになるために上京、北三陸の温かい雰囲気とは対照的にシビアな東京編の舞台は北の玄関口「上野」。アイドルが切磋琢磨する舞台「東京EDOシアター」のあるアメ横センタービルをはじめ東京各地でロケが行われています。PinQA「じぇじぇ!(' jj ')朝ドラ『あまちゃん』東京ロケ地まとめ」を見れば普段見慣れている風景がドラマに登場しているかも? 思わず週末にロケ地めぐりをして思わず「じぇじぇ!」と口にしてしまいそう。

もちろん、ロケ地以外に配役も魅力。gooランキング「『あまちゃん』出演の好きな男性俳優」を眺めてみると、一癖も二癖のあるクドカンの世界観を体現していると実感できるのでは。
▼gooランキング『あまちゃん』出演の好きな男性俳優
1位 福士蒼汰
2位 小池徹平
3位 杉本哲太
4位 松田龍平
5位 荒川良々



なんといっても東京編になってからGMTのマネージャー役“ミズタク”こと水口琢磨の魅力に取り付かれた人が急増中! クールなヤツと見せかけてアツイ思いをぶつけるミズタクを4位にランク・インしている松田龍平が熱演し、朝になるとSNS上がミズタクへのラブコールで埋め尽くされる日も数多く見受けられます。

東京編からはさらに古田新太、薬師丸ひろ子、ピエール瀧、松尾スズキが登場。さらに各地のアイドルを集めたGMT47プロジェクトによるフレッシュな女優たちがアイドルを目指し、ますますみのがせない展開です。

これから9月にかけて、アキたちがどのように成長していくか毎日見所たっぷり。あなたも『あまちゃん』に元気をもらってはいかがでしょうか。



PinQA編集部