伊勢佐木町のストリートミュージシャンとして音楽活動をスタートしたゆずは、1998年のメジャーデビュー以降、数々の名曲を世に送り出してきました。デビュー初期の頃と比較すると、近年はさらに洗練された印象のナンバーが多くなっています。今回は、ゆずのシングル曲の中で、2010年以降にリリースされた比較的新しい楽曲での好きな曲をみなさんに聞いてみました。
1位:雨のち晴レルヤ
2位:ひだまり
3位:友 ~旅立ちの時~
4位:よろこびのうた
5位:イロトリドリ
6位以降を見る
 1位にランク・インしたのは、2013年11月リリースの《雨のち晴レルヤ》。NHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』の主題歌であり、この年の紅白歌合戦でも熱唱され、広く知られた曲です。2位は、2014年2月にリリースされたアルバム『新世界』に収録された《ひだまり》。ゆずの伸びやかな歌声が魅力の楽曲で、映画の主題歌やCMのテーマソングにも起用されています。3位《友 ~旅立ちの時~》は、2013年にリリースされ、第80回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲となった曲。5位にランク・インした《イロトリドリ》は、2013年1月に配信限定でリリースされたポップなナンバーで、アルバム『LAND』に収録されました。
 ゆずの2010年以降にリリースされた好きな曲のランキングでは、お茶の間で広く知られた曲も多くランク・インしました。ストリートミュージシャン出身のゆずは、「ゆずっこ」といわれる熱烈なファンがいることで知られていますが、多くの人に愛される国民的デュオに成長を遂げたと言っても過言ではないかもしれませんね。<

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014/6/27~2014/6/30
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)