仕事も家事もプライベートも充実させたい女性にとって、大切なファッション。10代や20代の頃は何も気にせず好きなモノを着ていたという方も、30代になって年齢を意識したファッションにすべきか悩んでしまう方も多いようです。そこで今回は、2つの女性ファッションに関するランキングから、さまざまなファッションのボーダーラインを考えていきたいと思います。
  ■30代女性が「自分たちでもイケる」と思うファッションランキング
1位 花柄のパンツ
2位 ほぼノーメイクに見えるナチュラルメイク
3位 ベリーショートヘア
4位 穴の開いたダメージジーンズ
5位 ぱっつん前髪

まずご紹介するのは「30代女性が『自分たちでもイケる』と思うファッションランキング」。30代女性の多くが「これならOK!」と感じるファッションの第1位は《花柄のパンツ》でした。ストレッチタイプのものから、フレアのショートパンツまで、さまざまな種類のある《花柄のパンツ》。Tシャツに合わせてカジュアルに着こなしたり、チュニックと合わせてガーリーな着こなしを楽しめるなど、女性に人気のファッションの一つです。カーディガンやジャケットと合わせて、大人な着こなしができるというポイントも、30大女性が「イケる!」と感じるポイントなのかもしれません。ほかにもパンツに関しては、5位の《穴の開いたダメージジーンズ》や10位の《生脚ショートパンツ》などがランク・イン。30代になっても、さまざまなパンツスタイルを楽しみたいという30代女性の気持ちが表れた結果となりました。2位には《ほぼノーメイクに見えるナチュラルメイク》、そして3位には《ベリーショートヘア》と、メイクとヘアスタイルがそれぞれランクイン。どちらも幼く見えるファッションとして、多くの30代女性に取り入れられています。ヘアスタイルに関しては、他にも5位の《ぱっつん前髪》や、8位の《明るすぎる髪色》がランクインしています。

若作りすぎると思う母のファッションランキング
1位 ホットパンツ
2位 フレアミニスカート
3位 生足

「30代女性が『自分たちでもイケる』と思うファッションランキング」で10位にランクインしていた《生脚ショートパンツ》でしたが、母になるとなかなか許されないファッションになってしまうようです。「若作りすぎると思う母のファッションランキング」の第1位には《ホットパンツ》、2位には《フレアミニスカート》、そして3位には《生足》がランクインしました。《ホットパンツ》や《フレアミニスカート》はレギンスと合わせて着ることもできますが、生足でも楽しむことができるファッションスタイル。母という立場になると、子供からは「お母さん、そのファッション若作りに見えるよ」と言われてしまうファッションなのかもしれません。
さまざまなファッションがランク・インした2つのランキング。年齢に合わせてどんなファッションを着ればいいのかわからない!という方はぜひ参考にしてみてください。

gooランキング編集部(ぐ)