パッケージのデザインや、ネーミングなどがおしゃれな『缶つま』シリーズ。お皿に盛り付ければ、豪華な一品に早変わりすると注目を集めている缶詰です。値段は、手ごろなものからプチ贅沢を味わえるものまで、多種多様。そこで今回は、500円以上の缶つまで食べてみたいものをランキングにまとめてみました。

■高級だけど食べてみたい500円以上の「缶つま」ランキング
1位:缶つまプレミアム 霧島黒豚 角煮
2位:缶★つまレストラン 牛肉の赤ワイン煮
3位:缶つま 牛タン焼き スタミナ源塩焼のたれ味
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位に選ばれたのは、缶詰としてはちょっと高価な税抜き800円の《缶つまプレミアム 霧島黒豚 角煮》。霧島黒豚をじっくり煮込んだ角煮は、ビールはもちろんワインや日本酒との相性も抜群! 一口食べれば思わず笑みがこぼれる逸品として人気があります。2位は《缶★つまレストラン 牛肉の赤ワイン煮》。600円で贅沢なイタリアンを堪能することができる、クオリティの高い一品。ちょっと贅沢したい時におすすめです。3位は《缶つま 牛タン焼き スタミナ源塩焼のたれ味》500円。塩こしょうとにんにくがベースのスタミナ源塩焼きの秘伝のたれは、一度食べたらやみつきになること間違いなし! その他、2000円の《缶つま★レストラン オマールエビのオリーブオイル漬け》なども、他の缶詰と比較すると高額ですが上位に選ばれました。
いま大人気の『缶つま』シリーズ。頑張った自分へのご褒美などに一度味わってみては?

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年10月15日~10月17日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)