浅草の魅力といえば、色濃くのこる下町の情緒。江戸時代のなごりが感じられる浅草の町並みは、ぶらりと歩くだけでも楽しめる観光スポットとして有名ですよね。観光でカロリーを消費したあとは、地元に愛され続けている老舗飲食店で腹ごしらえをしてみてはいかがでしょうか。今回は「浅草で一度は行ってみたいと思う老舗飲食店」について、みなさんにアンケートをとってみました。

■浅草で一度は行ってみたいと思う老舗飲食店ランキング
1位: 浅草今半
2位: ステーキハウス浅草松波
3位: モンブラン
6位以降を見る

1位にランク・インしたのは、明治二十八年創業の日本料理店《浅草今半》。浅草今半はすき焼き・しゃぶしゃぶの老舗であり、ランチタイムから行列ができるほどの人気店として知られています。おすすめはランチタイム数量限定のメニュー「百年牛丼」。名店の味を堪能できる、一度食べたら忘れられない一品です。また、3位には手ごねハンバーグの名店《モンブラン》がランク・イン。名物である鉄板焼ハンバーグを始めとして、パスタやシチュー、オムライスといった多様なメニューを楽しむことができるお店です。おいしい食事を気取らず、おなかいっぱい食べたい時にぜひどうぞ。なお、大人の夜のひとときを過ごしたい時は、5位《神谷バー》がおすすめです。下町情緒あふれるレトロな店内で、ゆっくりお酒を楽しむことができるでしょう。
多くの文学者に愛され、今もなお下町の魅力にあふれている浅草。ランキングにあがった老舗の名店めぐりをきっかけに、数々の文学小説の舞台となった「浅草」を堪能してみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年11月4日~11月7日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)