大切な彼女や妻から「いつもありがとう」「頼りになるね」と好意的なセリフをもらうと、それだけで嬉しくなるものですよね。しかし、逆に辛らつな言葉をもらった時には、テンションがガクッと落ちてしまうことも…。今回はケンカの元になってしまいそうな「彼女・妻の余計なひとこと」についてみなさんにアンケートをとってみました。

■絶対NG!ケンカの元になる「彼女・妻の余計なひとこと」ランキング
1位: ◯◯さんならやってくれるのに
2位: 気持ちわるい
3位: 来なきゃよかった
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位に選ばれたのは《◯◯さんならやってくれるのに》でした。異性として特別な立ち位置にいるはずの自分と他の男性をくらべるひとことに「だったらその男にやってもらえばいい」と腹が立ってしまいますよね。実際に口にするとケンカになる可能性がある危険なひとことです。3位には、デートに誘った男のプライドを傷つけるセリフ《来なきゃよかった》がランク・イン。デートプランを練った男性へのねぎらいとしては、あまりに辛らつなひとことです。少しわがままな彼女をエスコートする時は、デートプランをふたりで決めるようにしてはいかがでしょうか。ふたりで決めたルートであれば、たとえ出先で退屈な思いをしても「今回は失敗だったね」と一人で責任を負うことにはならなそうです。
グサッと胸に刺さるセリフが多数選ばれました。親しき仲にも礼儀があるものです。恋人や妻の口があまりに過ぎる時は、衝突を恐れずに指摘することも大切かもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年10月1日~10月3日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)