「コスメのテーマにドラマの話?」と思われるかもしれませんが、広告とわかっていても思わず買ってしまうのがまさにドラマ効果!特に主演女優がコスメのモデルをしている場合、何かしらの露出があるのが一般的です。今回は最近大ヒットした『太陽の末裔』に登場したコスメが話題になりましたので、そのご紹介をしたいと思います。


大ヒットドラマ『太陽の末裔』Licensed by Next Entertainment World Ⓒ2016 Descendants of the Sun SPC

ドラマ『太陽の末裔』に登場したツートンリップバー


今年上半期、韓国では40%近い視聴率を獲得した大ヒットドラマ『太陽の末裔』が韓国中を席巻しました。ヒロインを演じた女優のソン・ヘギョは、大手コスメメーカー、アモーレ・パシフィックが20~30代をターゲットにしている「ラネージュ」のイメージモデルを2008年以来ずっと勤めているのですが、30歳を過ぎてもなお20代と変わらぬ圧倒的な美しさをキープ。ドラマ中でも、すっぴん&髪ぼさぼさのシーンですら、やつれた感じになるどころか、すっぴんのおかげで肌の美しさが際立ち、メイクした顔よりも童顔になるので、20代にしか見えません。長く「ラネージュ」のモデルをしているのが頷けます。

このドラマで登場したのがラネージュの「ツートンリップバー」です。ドラマ中、ソン・ヘギョが演じるヒロインのカン・モヨンが使っていたのがNO11のジューシーポップ。ソン・ジュンギ扮するユ・シジンとのデートに行く前にリップを塗るシーンで登場します。その後、ウルクという架空の国でのシーンでは、シジンが地雷の埋まった場所で「地雷に注意!」という文字を看板に書くために、モヨンの持っていたリップをマジック代わりに使います。

2色のツートンカラーで立体メイクが完成


私もこのドラマを春にソウルでちらりと見た後、どうしてもこの「ツートンリップバー」が欲しくなり、20~30代がターゲットということも忘れて免税店でゲット。免税店は路面店よりも安く買えるメリットもありますが、外国人観光客が来るところなので、コスメのターゲット年齢層を気にすることなく買えるというメリットも実はあります。


ラネージュのツートンリップバー11番(左)と14番(右)

私はソン・ヘギョが使っていた11番と少しシックな色合いの14番を購入しました。11番はイエローとピーチピンクという明るい色ながら、ドラマ中のソン・ヘギョのように、ポンポンと唇にのせていくと自然な感じに使えます。唇へもすぐなじみますし密着度も抜群。カラーが落ちにくいのに唇が荒れなかったので、個人的にはかなり好感度が高かったです。香りもほんのりフルーティだったのがツボでした。見た目ほど派手な色にはなりませんので、大人女子でも満足度は高いのではと感じました。

ドラマに登場したのは春の新色ですが、ソウルの明洞にあるラネージュでは、自分でツートンリップバーの色をカスタマイズできるサービスもこの秋には登場しています。

ラネージュは日本人よりもやはり地元の韓国人と中国人観光客に人気が高いのですが、ロングセラーの商品がしっかりとある上で新商品を展開しているところに、このブランドの手がたさ、ブレないポリシーを感じます。次回の韓国旅行でぜひチェックしてみてください。

さて、韓国コスメをテーマに連載してきた「韓国コスメ最前線」ですが、今回でひとまず終了となります。またいずれかの場所でお会いしたいと思います。長らくお読みいただきどうもありがとうございました。

(写真・文ともに木谷朋子)

【関連記事】
  • 韓国コスメ最前線~韓国ドラマ『太陽の末裔』に登場したリップバ…
  • 抜け毛・薄毛対策には頭皮を温めるのが効果的! シャンプーの仕…
  • 刺激的な恋は老化を早める? 安定した恋愛が美容にいい理由
  • ウエストのくびれは腹筋では作れない? 憧れのくびれの作り方と…
  • 美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?