食べ歩きの達人ことタベアルキストが、「実際にリピートしている」「人に教えたくなる」の2つの視点でお店を厳選。日本人には欠かせないラーメンの代表格!そんな「醤油ラーメン」が美味しい東京のお店を厳選していただきました。
東京に来たら、一度は食べるべき醤油ラーメンとは、いかに!?

①中華そば しば田(仙川)
*New*オールドスタイルのビジュアル。青森県産の鴨や蛤などでとったスープに、キリリとした生醤油ダレを合わせた繊細な内容で、口に含めば舌に吸い付くような香りと旨みが冴え渡ります。ザラっとした麺肌でプツンと噛み切れる麺の感触が気持ち良い。
詳しくはこちら!


②麺や 七彩 八丁堀店(八丁堀)
*New*特徴はカウンター客の目の前で、実際に麺を打ち、そのまま出来立てを調理、提供している。不揃いでボコボコした舌触りではあるが、濃厚な煮干のビターテイストなスープをじんわりと絡ませて食べられるので麺の旨味も加わり満足度高いラーメンを味わえる。
詳しくはこちら!


③麺処 篠はら(要町)
*New*素材に対するこだわりと創作意欲のあるご主人で日々ラーメンは更新されていく。丸鶏と鶏ガラの出汁をベースにした定番の清湯スープだが、牛骨や豚、貝類などを合わせて味の深みとボディの厚さをより進化させている。さらに貝出汁のみのスープを加えた限定も是非味わってほしい。
詳しくはこちら!


④Homemade Ramen 麦苗(大森)
*New*山形の地鶏をベースに本枯鰹節、伊吹煮干し、真昆布などの清湯スープに、6種類の醤油を合わせたタレが加わり、なんとも言えない芳醇な旨みが広がる一杯に。小麦感はしっかり伝わってくるなめらかな自家製麺の喉越しも心地良く、最後の一滴まで飽きさせない。
詳しくはこちら!


⑤麺尊RAGE(西荻窪)
*New*軍鶏と金華ハムから採った出汁に生醤油など複数の醤油をブレンドしたシャープなタレを合わせた清湯スープは、キレ・コク・風味の全てにおいてオープン時と比べても格段に進化を遂げている。ビターな「煮干しそば」も人気。
詳しくはこちら!


⑥一番いちばん(町田)
*New*白河ラーメンをルーツにしつつも、スープ・麺・具材の全てにおいて更なる進化を遂げた中華そば。毎日青竹で手打ちされるプルプルの平打ち縮れ麺が、鶏と醤油の旨味溢れるスープをまとって口の中で踊り、その旨味と食感の虜になります。
詳しくはこちら!


⑦くじら食堂(東小金井)
*New*平打ちの太い麺は自家製麺。茹でる前に丁寧に手ごねをするため茹であがった麺は不規則に波をうっている。その程よい波のある硬さの麺の食感は心地よくスープとの絡みも絶妙。スープは動物と魚介を組み合わせたあっさりとした清湯系。あっさりとしていながらコクの奥深さで力強い麺を引き立てている名わき役なスープである。
詳しくはこちら!


⑧日本橋 製麺庵 なな蓮(三越前)
*New*注文ごとに丁寧に炙るバラ肉と肩ロースの香ばしさが充満し、食欲を刺激。麺は自家製で細めの稲庭うどんのようにスルリと喉越し良く、豚、鶏、魚介のそれぞれの素材がバランス良く、カエシの味わい深さと絶妙にブレンドされているラーメンです。
詳しくはこちら!


⑨煮干鰮らーめん 圓(京王八王子)
*New*透明な澄んだスープを一口すすると煮干しの風味を感じます。強い煮干しを残しつつ雑なエグミや苦みを感じさせないギリギリのライン。スープの全体的まとまりが圧巻です。そのスープの旨味を全粒粉のストレート麺がよく絡み気がつくと完食。他とは一線を画す別格の逸品です。
詳しくはこちら!


⑩青島食堂 秋葉原店(秋葉原)
*New*生姜の効いた動物系の出汁と濃口醤油の力強いスープに、モチモチの自家製麺とチャーシュー・ほうれん草などを豪快に盛り付けたジャンクな味わいの中華そば。チャーシューとほうれん草増しにして豪快に食べたい。
詳しくはこちら!


いかがでしたでしょうか?
一度は味わうべき東京の絶品醤油ラーメン10選をお届けしました。
ぜひ一度訪れてみてくださいね!