心臓の脈の打ち方が乱れる不整脈。自分では自覚症状がないのに、人間ドッグで指摘されて初めて気づく人も多いのが現状です。治療が不要なものから、手術が必要なものまであるので、正しい知識を身につけて対処しましょう。

脈の動きがバラつくことで症状が


心臓は、1分間に50〜100回ほど収縮して、身体中に血液を送っています。この心臓が生理的に働く理由は、心臓の右上にある洞結節(どうけっせつ)という部位が、心臓の中に弱い電気を流し、心臓を動かしているためです。この心臓の中の電気の乱れを総称して不整脈と言います。

この電気の乱れとは、洞結節で電気が発生しない、または別の場所から電気が流れてしまうこと。すると、心臓が正しく収縮しなくなるため、それにより症状が現れてくるのです。

不整脈に多い症状は、心臓の鼓動がすごく早くなったり、遅くなったりするもの。脈が早くなる症状を「頻脈」と言い、ドキドキしたり、胸痛や圧迫感を感じることもあります。逆に、脈が遅くなる「徐脈」の場合は、血液循環が悪くなり、全身の倦怠感やめまい、ふらつきなどを感じます。さらに脈が飛ぶ「期外収縮」というものも。ちなみに、胸痛があると、狭心症や心筋梗塞を疑う人もいますが、これらの痛みは不整脈の場合よりももっと長く続きます。

ただ、不整脈はまったくの無症状の人も多く、健康診断で初めて指摘される人も多いのが現状です。ほかに異常がなく、健康診断で不整脈だけ見つかった場合は、病気と関係のない不整脈だったという場合が多く報告されています。

気をつけたい不整脈とは?


不整脈の原因として一番多いのは、年齢や体質によるもの。1〜2日間心電図を記録すると、中年以上の人はほとんどが、毎日1〜2個は不整脈が見つかるもの。加齢、ストレス、睡眠不足、疲労でも不整脈は起こりやすくなります。また、心臓の病気があると不整脈が起こりやすくなるほか、高血圧、肺に病気がある人、甲状腺異常のある人もこれにあたります。

気をつけたいのは、急に意識がなくなったり、失神する場合です。この場合、一時的に心臓が止まっているか、極度の頻脈が起こっている状態が考えられます。失神症状が起こった時は、直ちに病院を受診しましょう。

また、体を動かす時に、強い息切れを感じ、脈拍数が1分間40以下の場合。脈が遅すぎて、心不全を起こしている可能性が。こういった場合は、ペースメーカー治療が必要になる場合があります。突然動悸が始まり、突然止まるのも要注意。多くは、1分間の脈拍数が150〜200になり、息苦しく、冷や汗がでます。この場合は、ほかの病気の検査をした後、薬での治療となります。

さらに、年をとると10人に1人の割合で「心房細動」という、心臓の心房の中で電気が空回りして、脈が速くなる状態が起こります。これ自体は命に関わることはありませんが、心臓のなかに血の塊ができて脳梗塞を起こしやすくなるため、血をサラサラにする薬をのんで脳梗塞の予防をします。

治療法はめざましく進化!


現在では、不整脈で死に至ることはなく、治療法が進化し、ほとんどが治せるようになっています。徐脈の人は、ペースメーカーを体内に取り付けると、普段と同じ生活ができるように。手術も局所麻酔ですみます。頻脈には、頻脈の原因になっている心臓の筋肉の一部を焼く「カテーテルアブレーション」という方法が。手術は、細い管を足の血管から入れて行います。ほかにも、症状によっては、薬で治すこともできるようになっています。自分の不整脈の種類を知り、大きな発作が起こる前に一度、医師と相談してみましょう。

【関連記事】
  • 不整脈ってなに? 自覚症状はある? 不整脈があるとどうなるの…
  • 胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は…
  • 激しい頭痛は要注意! 危険な5つの頭痛|群発頭痛の原因と対処…
  • みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・…
  • 頭痛の種類|「緊張型頭痛」「偏頭痛/片頭痛」の主な症状と対処…