入れ替わりが激しい芸能界では、生き残りをかけた芸能人同士の争いも熾烈。ドカンと人気に火が付いたところで、翌年には忘れ去られてしまう“一発屋”と呼ばれる人も少なくありません。
しかし、消えそうで消えない粘り強い人も存在します。
そこで今回は、消えそうで消えない芸能人について探ってみました。

消えそうで消えない芸能人ランキング
1位 小島よしお
2位 ダンディ坂野
3位 狩野英孝
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は415票で「小島よしお」!


海水パンツ一枚で踊り、「そんなの関係ねー!」のフレーズで一躍人気者の仲間入りを果たした小島よしお。
一発屋で終わるかと思いきや、島田紳助に気に入られ、ヘキサゴンファミリーとしてブレイク後もテレビで活躍。
しかし番組の終了とともにテレビで見かける機会が減り、「ついに消えるか」と思われていましたが、今は彼が考案した体を効率よく動かすダンスが幼稚園や保育園で大人気。多くの園からオファーが絶えないとか。
そして最近は結婚のニュースで世間を賑わせ、消えそうで消えない底力を見せてくれています。

2位は366票で「ダンディ坂野」!


黄色いスーツに蝶ネクタイという独特なファッションと「ゲッツ!」のキメ台詞で人気を集めたダンディ坂野。彼も一発屋芸人としてすぐに消えると思われていました。
しかし、大人から子供まで分かりやすい「ゲッツ!」という決め台詞が何かと使えるということで、地方からの仕事のオファーやCM出演依頼が多く、懐はかなり潤っているようです。

3位は315票で「狩野英孝」!


ホストのような容姿で「ラーメン・つけ麺・僕イケメン」のギャグで注目された狩野英孝。
すぐに消えるだろうと思われていましたが、先輩たちからいじられたことで天性の天然キャラであることが判明。今ではバラエティ番組に欠かせない存在に。
最近の6股騒動で「いよいよ消えるか?」と思われましたが、あっというまに騒動も沈静化。何事もなかったようにテレビで活躍しています。

このように、消えそうで消えない粘り強い芸能人は少なくありません。
気になる4位~30位のランキング結果も要チェック!

みなさんは、どの芸能人が「うまく生き残ってるな~」と思いますか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,832票
調査期間:2016年07月19日~2016年08月02日