「エッチの語源てなんなんだろ?」「HENTAIのHらしいよ」「日本語!?」

皆さんが日常で何気なく使っているフレーズ、実は有名人発祥かも知れません。
最近ではSNSで拡散した言葉が流行ったりもしますが、SNSが無い頃はテレビやラジオで有名人が発言した言葉が流行るのが主流でした。

なので今現在では当たり前に使われているフレーズも、実は有名人が作った造語がそのまま定着したものも多いとか。
そこで今回は「実は有名人が流行らせた言葉」を調査・ランキングにしてみましたので、ご覧下さいませ。

1位 最初はグー(じゃんけんの号令)
2位 エッチする
3位 逆ギレ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は志村けん発祥の「最初はグー(じゃんけんの号令)」!


多分全国のじゃんけん前に必ず使われるフレーズ「最初はグー」が堂々の1位に輝きました。
この掛け声は伝説のバラエティ番組『8時だョ!全員集合』で世間に広まったのですが、発祥の原因がなかなか面白いんです。

『8時だョ!全員集合』が全盛の頃に志村けんさんが終了後の飲み会で、誰が支払いをするのかじゃんけんで決める際酔っ払ってうまくタイミングが合わない時に、「じゃあ、みんな手を上げて!最初はグーだよ」と言ったのが始まりなんだそうです。
これは『8時だョ!全員集合』内でも自然に使われるようになり、最終的に日本中の人が使うようになったという訳ですね。

2位は明石家さんま発祥の「エッチする」!


今や当たり前に使われる言葉「エッチする」が2位にランク・インしました。
番組内で明石家さんまさんが「セックスする」というのは直球過ぎて言い難いな、と考えた時に思いつきでセックスの隠語になっていた「エッチ」に「する」をくっつけたのが始まりなんだそうです。

3位は松本人志発祥の「逆ギレ」!


開き直りの中で一番タチの悪い「逆ギレ」が3位を獲得しました。
この言葉の使い方が曖昧な事に発案者の松本人志さんが苦言を呈しており「本来なら怒られなあかんのに、逆にそれを防ぐがために、逆にこっちから怒るのが逆ギレや」と、相手の怒りの有無に関係なく怒ったりする事に使うのはおかしい、と話しているそうです。

いかがでしたか?
正直筆者は5位の「ニューハーフ(桑田佳祐)」には驚きを隠せませんでした。

今回は「知ってた?実は有名人が流行らせた言葉ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜44位のランキング結果もぜひご覧ください!

(執筆:Hikaru Sano
(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年7月20日~2016年7月22日