■U.F.O.vsペヤング戦が勃発!

ソースとめんが織りなすチープな味わいが魅力のカップ焼きそば。その代表格といえば、U.F.O.であり、ペヤングです!

どのカップ焼きそばが好きかは地域によってバラバラであるという説もあるようですが、U.F.O.とペヤングは全国的な焼きそば二大王者といっても過言ではありません。 この二つは一体なぜ人気なのでしょうか。そして、U.F.O.派とペヤング派を生み出している味の特徴とは、どこにあるのでしょうか。U.F.O.とペヤングの味を解剖して、その謎に迫ってみましょう!

~ この記事の元記事(全画像)を見る ~


■味覚センサー「レオ」で味を客観的に比べてみる

U.F.O.派の人にペヤングとU.F.O.の食べ比べをさせれば、その結果は明らかであり、逆もしかりです。この世の多くの人がU.F.O.派かペヤング派に分類されてしまっている以上、味の違いを見るにはこいつに頼るしかありません。 味覚センサー「レオ」です。レオは、食べ物の基本5味である甘味・旨味・塩味・酸味・苦味を1~5段階の客観的な数値で表現できるセンサーです。レオに味を分析させれば、U.F.O.とペヤングの違いを客観的に表現できることでしょう。

それでは、早速調べてみましょう!まずは、通常の作り方通りに完成させた全体の味を分析しました。その結果、U.F.O.の方が甘味と酸味が強く、ペヤングの方が塩味と旨味が強いことが分かりました。 この違いは、一体なぜ生じているのでしょうか?今度は、麺とソースを個別に比べてみましょう!

■カップ焼きそばの味はソースが肝!

まず、めん単体同士を比較してみました。こちらはなんと、U.F.O.の方が塩味と旨味が高いという結果になりました。全体として塩味・旨味が高かったのはペヤングだったのに、です。 元々は高かった旨味が、何者かによって潰されている…もしや、ソース!お前のせいなのか…!?

というわけで、続いてソース単体の味を調べてみました。 ソースでは、U.F.O.は甘味や酸味の高さが目立ち、ペヤングでは塩味の高さが目立ちました。これで、U.F.O.の全体の甘味と酸味の高さが、ソースに由来することがわかりました! でも、旨味には大きな違いがありませんでした。これだと、U.F.O.の方が全体としても旨味が高くなるはずなのに、おかしいですね。

その秘密は、実は塩味にありました!塩味は、旨味と合わさると互いの強さを引き立てあう「味の対比効果」というものが起こります。ペヤングのソースはU.F.O.のソースより塩味が高かったのです。この対比効果によって、麺の旨味がグイっと引き立てられ、全体としてはU.F.O.にも負けない旨味の強さが生み出されているのでした!

以上より、

・U.F.O.は甘味と酸味が豊かでより複雑な味わいである
・ペヤングのソースは麺の味を引き立てるようにできている


ということがわかりました!

U.F.O.が好きな方はソースの複雑な味わいを、ペヤングが好きな人は麺とソースの絡み合いをそれぞれ楽しんでいるのかもしれません。小腹が空いたら、カップ焼きそばで塩分補給して、暑い夏を乗り切りましょう!

(味博士)

味覚センサーのことがもっと知りたい方は、「味博士の研究所( http://aissy.co.jp/ajihakase/blog/ )」もチェックしてみてください!