最終回間近!7月放送開始の連続ドラマ。みなさん今まで楽しめましたか?
続きが気になると盛り上がった一方、予想以上に楽しめなかったものもあったようです。

そこで「期待してたのに、ちょっと残念」と感じた7月開始のドラマを調査しました。
不名誉ながらランク・インしてしまったドラマは何でしょうか?結果をご覧ください!

ガッカリ!期待外れだった7月開始のテレビドラマランキング
1位 神の舌を持つ男
2位 時をかける少女
3位 ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
4位以降のランキング結果はこちら!


1位は向井理さん主演の『神の舌を持つ男』が不名誉にもトップに。
『TRICK』でおなじみの堤幸彦監督作品とあって、その面白さは間違いない!と期待されていましたが、今回はこのような結果に。
主人公の才能である「舐める」という切り口はかなり斬新でしたが、「何でも舐めないで欲しい」という厳しい意見が目立ちました。
さらにストーリーが『TRICK』に似ていることもあり、二番煎じでイマイチと感じた人が多かったようです。

また、このドラマの放送時間帯が金曜日夜ということもあり、裏番組の『金曜ロードショー』を見る人が多数。そのため、あまり視聴率は上がらなかったようです。

放送時期や時間帯を変えれば伸びそうな内容なので、次回作やスペシャルに期待したいところですね。

2位は黒島結菜・菊池風磨さんダブル主演の『時をかける少女』がランク・イン。
1967年の原作刊行以来、何度もドラマや映画化されている人気作品。今回は5回目の映像化となりました。
既に放送は終了しており、なんと5話での完結。特番放送の都合で元々この長さなのですが、「もしかして打ち切り?」と思った人も多いかもしれませんね。

原作にないキャストの登場が、作品のファンにあまり好意的に見られていなかったそう。そして主演俳優陣の演技がイマイチ感情移入できないという意見が多数。
さらに五輪特番などの兼ね合いで短期放送となり、無理な展開になってしまったのが残念な原因になってしまったようです。
全10話だともしかしたら評価も変わっていたかもしれませんね。


3位は波留さん主演の『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』が選ばれました。
波留さんは前クールから二回目の主演ということで、かなり気合が入っていたよう。しかしドラマの評価としてはちょっと残念な結果に。
ストーリーのリアリティさや、事件を目の前にしての緊迫感がないのでは?という声が多く上がっており、サスペンスものとしては物足りない作品となってしまったようです。

しかし、死体などのグロテスクな表現は、かなりのリアルさで「ゾッとした」という人も。
演出は好評のようなので、ストーリーとうまく噛み合えばかなり面白いドラマになったのではないでしょうか。こちらもスペシャルや次回作に期待したいところです。

7月開始ドラマも残りわずか。あなたが見ているドラマの順位が気になりませんか?4位~21位のランキングで確認してくださいね。

(ライター:いしきりひなほ)
(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,218票
調査期間:2016年07月27日~2016年08月10日