最近はお笑いコンビの片方のみがテレビで活躍するケースが少なくありません。
あまりに片方ばかりが目立ち過ぎて、コンビ内格差が生まれ、世間から相方の存在を忘れ去られてしまっているコンビも…。
そこで今回は、相方が誰か分からなくなるほど格差がありすぎると感じるコンビ芸人について探ってみました。

相方誰だっけ…?格差がありすぎるコンビ芸人ランキング
1位 ロザン
2位 ハライチ
3位 マテンロウ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は110票で「ロザン」!


京都大学出身のインテリ芸人として、クイズ番組で活躍する宇治原史規。もともとロザンというコンビだということを知らず、クイズ番組で彼の存在を知り、「え、この人ってお笑い芸人だったんだ!」と驚く人も少なくないようです。
今ではクイズ番組になくてはならない存在になった彼ですが、本業のお笑いの方ではあまり強い印象がないだけに、相方の菅広文はいつまでたっても知名度が上がらず、コンビ格差は広がるばかり。
相方の名前が分からないという人が多く、1位に選ばれました。

2位はロザンと1票差の109票で「ハライチ」!


2016年上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキングにて、254本出演という驚異的な数字で4位にランク・インしたハライチの澤部佑。
テレビで見ない日はないと言ってよいほど、様々な番組に引っ張りだこ。しかし同ランキングで相方・岩井勇気はランク外。澤部のピンでの出演が目立ち、相方との格差がどんどん開いているようです。
もともと岩井が前に出るタイプではないだけに、お茶の間からの印象が薄く、「相方って誰だっけ?」と思われてしまうようです。

3位も1票差という大接戦!108票で「マテンロウ」に。


外国人の親を持つハーフ芸人のアントニー。見た目とは裏腹に英語が話せないというおいしいキャラで一躍ブレイク。数々のバラエティ番組に出演しています。
しかし、アントニーのキャラクターが濃すぎるせいか、相方の大野大介の存在がかすんでしまうよう
キャラクターが濃すぎる相方を持つのも、悩みどころなのかもしれませんね。

さらに、続く4位も1票差という大混戦!ぜひ4位~47位のランキング結果もご覧ください。
みなさんは、どのコンビ芸人に格差を感じますか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年7月13日~2016年7月19日