「荒川アンダー ザ ブリッジのドラマはな…」「想像以上に村長と星が痛かった…

少年マンガより比較的当たりが多い少女マンガ、ドラマを見てから原作ファンになった方も多いのではないでしょうか?
ですが少年マンガ同様、やはり原作ファン激怒ものの出来になってしまった実写化も少なからずあるようです…。

そこで今回は「実写ドラマ化大失敗だと思う少女漫画」を調査・ランキングにしてみました。
一体どんな少女マンガがこんな不名誉をかぶってしまったのでしょうか?

1位 白鳥麗子でございます!(2016年度版)
2位 花ざかりの君たちへ(2011年度版)
3位 グーグーだって猫である
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「白鳥麗子でございます!(2016年度版)」!


3回目のドラマ化でついにやらかしてしまった「白鳥麗子でございます!(2016年度版)」が堂々の1位に…。
2作目の評判が非常によく、最高視聴率も20.8%、キャストも非常に良く白鳥麗子=松雪泰子という印象を持っている方も多いかと思います。

そして問題の本作なのですが、ファンいわく「演技が全員学芸会レベル」「役名と立場だけ合わせた全くの別物」「コントなの?」という辛辣な意見が目立ちました。
2作目が名作だっただけに良くない部分が浮き彫りになったようですが、同じマンガを3回もドラマ化すること自体に問題があるんでしょうね…。

2位は「花ざかりの君たちへ(2011年度版)」!


ファンに「イケメンがいないイケメンパラダイス」とまで言わせた、「花ざかりの君たちへ(2011年度版)」が2位にランク・イン。
俳優部分もさることながら、女優部分についてもAKB48を多数起用し、主題歌に同グループの「フライングゲット」を使用したことで、「AKB48ファン向けの茶番」と感じてしまった人が多かったようです…。

3位は「グーグーだって猫である」!


猫との生活を綴るマンガなのに、実写化したらただ猫をもらっただけの「グーグーだって猫である」が3位になりました。
原作での猫との生活はドラマで描かれる事はなく、4話で10年後にぶっ飛ぶ原作完全無視のストーリー構成に、ファンの方々からは「ネームバリューを使いたかっただけ」と言わしめる程の出来でした…。

いかがでしたか?
とりあえず何度も同じ作品を焼き直したり、ネームバリューに乗っかっただけに見えてしまう商業作品は、ファンじゃないにしてもマンガ好きとして非常に心苦しい思いです。

今回は「実写ドラマ化大失敗だった少女漫画ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜46位のランキング結果もぜひご覧ください!

(執筆:Hikaru Sano
(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年7月27日~2016年7月29日