生理不順や生理痛に苦しむ女性の強い味方として、使う人も増えている「低用量ピル」。生理痛がある場合は保険適用になります。低用量ピルが生理をコントロールするメカニズムや、上手な利用の仕方についてご紹介します。

低用量ピルの成分とはたらき

低用量ピルは黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)からできているホルモン剤の一種です。
ピルには低用量ピルのほか、卵胞ホルモンの配合量によって「超低用量」「中用量」「高用量」があります。以前は中用量ピルが主流でしたが、ホルモンの影響で吐き気がするといった人が多かったため、効果を保ちながらホルモンの量を減らした低用量ピルが生まれました。

低用量ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンがバランスよく配合されているため、生理のトラブルが解消されるだけでなく、ホルモンバランスの崩れによって起きる子宮体がんや子宮内膜症、卵巣のう腫や卵巣がんといった病気の予防にも役立つといわれています。

生理をコントロールすることもできる


低用量ピルを飲み始めると、生理痛が軽くなり、出血量が減ります。また、生理の日を移動させることができるので、就職試験や旅行など、生理に当たりたくない大事なイベントに生理が当たらないようにコントロールすることが可能です。やり方は、ずらしたい生理の前の月の生理中までに婦人科を受診して低用量ピルを処方してもらい、生理が終わったらピルを飲み始め、生理をのばしたい日まで飲み続けます。
特に月経前症候群(PMS)のある人、生理痛が重い人、出血量が多い人などにとっては、ピルを飲むメリットは大きいと言えるでしょう。

保険が適用される場合とそうでない場合の違い

月経困難症の治療の場合に処方される低用量ピルには、保険が適用されます。月経困難症とは、生理痛が強い場合と、生理前10日間~生理開始3日めまでの体調不良やイライラ、落ち込みが強い月経前症候群(PMS)や月経前不快気分障害(PMDD)が含まれます。
月経困難症がなく、生理日をずらしたい場合や避妊目的のために処方される低用量ピルには保険は適用されません。

低用量ピルと副作用

生理痛がひどいけれど、ピルは副作用が怖いから使いたくないという人もいます。低用量ピルには確かに副作用はありますが、気持ちの悪さや吐き気、胸の張り、だるさ、むくみ、不正出血などで、飲み始めて1~3ヶ月たってホルモン状態が安定すれば解消します。そのほか、ピルを飲むと太る、妊娠しにくくなる、乳がんになりやすくなると思っている人もいますが、そうした副作用はありません。

注意しなければならないのは血栓症のリスクです。血管に血のかたまりができ、それが血流にのって肺や心臓、脳などにとび、肺塞栓や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こすのが血栓症です。ピルを服用すると血栓症のリスクが約4倍高くなることがわかっています。ピル服用中に、ふくらはぎや腕などが片方だけパンパンに腫れたり、痛みがある場合は、病院を受診しましょう。

■さらにくわしく!以下も参考に■

低用量ピルに匹敵する確実な避妊方法は?
妊娠を望まないなら、低用量ピルまたはIUSで確実な避妊を


不確実な避妊法に頼っている人も多い
女性にとって妊娠出産は大きな出来事です。望まない妊娠によって、自分の夢やライフプランの実現が難しくなることもあるでしょう。
やっと就職が決まったのに、新しいプロジェクトを立ち上げたのに、あるいは子育て卒業と思ったのに、望まない妊娠をして中絶に至った・・・、そんな例も少なくありません。

実際日本では年間100万人の赤ちゃんが生まれている一方で、20万件の中絶が行われています。中絶の絶対数は20~30歳代の女性が多いのですが、中絶の割合で見ると若者だけではなく、40~50歳代も中絶率が高くなっています。コンドームが破れた結果の中絶が多く、不確実な避妊法に頼っているのが現状です。

各避妊法の特徴を知り、自分が主体となった避妊法を

自分で自分の未来を決めていくためにも、各避妊法の特徴を知って、自分が主体となった避妊法を選びましょう。主な避妊法の特徴を挙げます。

低用量ピル
・女性ホルモンの薬を飲んで排卵を止める方法
・女性が自分の意思で避妊でき、正しく飲めばほぼ確実に避妊できる
・生理痛を劇的に軽くし、生理不順もなくなるので働く女性におすすめ
・特に40歳代以上では血栓症の確率が上がる
・医師の処方が必要で、費用は初診時8,000円、毎月3,000円程度

IUS(商品名:ミレーナ)
・IUS(黄体ホルモンを塗った器具)を子宮内に置いて受精卵の着床を妨げる方法
・産婦人科で挿入してもらう必要があるが、約5年間有効で、ほぼ確実に避妊できる
・月経痛や出血量の軽減効果もある
・IUSは1回挿入すれば毎日薬を飲む必要もなく、忙しい人に向いている
・出産していない人では挿入が難しいことも
・費用は1回3万円程度(ひと月当たり500円)
*以前は9万円だったが2014年から3分の1に!

コンドーム
・薄いゴムをペニスにかぶせ、腟内に精液が入るのを防ぐ方法
・簡単だが男性の協力が必要
・破れたり抜けたりすることがあり、1年間に3~5%程度の人が妊娠する可能性がある
・性感染症予防に有効

緊急避妊ピル
・セックス後72時間以内に飲むことで、1回のセックスでの妊娠率10%を3%まで下げる
・コンドームがやぶれてしまった、レイプ被害にあったなどの緊急時に
・日本では医師による診察が必要で、費用は1回2万円程度

レベル別おすすめ避妊法
よって、レベル別おすすめ避妊法は次のようになります。

●絶対に妊娠したくない人は、「低用量ピル」または「IUS(商品名:ミレーナ)」(+コンドーム)
どちらも99.9%妊娠しません。ただし、性感染症予防としてコンドームも使うことが大事です。

●もし妊娠してしまったら産んでもよいと思っている人は、「コンドーム」
コンドーム単独では結構失敗があるので、もし妊娠してしまったら産むつもりの人でないとおすすめできません。避妊はしているけど赤ちゃんができたらできたでうれしいなあ、と思っているくらいの人に。
「基礎体温法」や「腟外射精(外出し)」は避妊法ではない
「基礎体温法」や「腟外射精(外出し)」を避妊法と考えている人も多いようですが、これらは避妊法と呼べるものではありません。
そもそも基礎体温法は、避妊ではなく妊娠法として発見されたもの。排卵がずれたりすることはよくあり、妊娠率が高い方法です。
また、外出しは意味がありません。射精前にも精子は出ています。今まで妊娠しなかったのは、運が良かっただけです。
このような「避妊」しかしてくれない男とは別れたほうがよいでしょう。あなたの体や心を気遣っているとは思えませんし、性感染症をうつされる可能性も高く危険です。
各種避妊法の失敗率は?
各種避妊法の失敗率、避妊のレベル、費用をまとめました。確実な避妊法を使って、豊かな未来を考えましょう。


ヘルスケア-低用量ピルに匹敵する確実な避妊方法は?

正しく使って自分の健康は自分で守ろう!


ヘビースモーカーはピルを使えない!
ピルは月経が始まる10代から50代で閉経するまで、ほとんどの女性が使うことができますが、なかには飲むと危険な人もいます。次のような人はピルの使用を避けるか、注意して使う必要があります。

●血栓症の人、あるいは血栓症にかかったことのある人
●脳・心血管系の病気にかかっているか、かかったことのある人
●乳がん、子宮体がん、子宮頸がんにかかっている人
●肝機能障害、高血圧、糖尿病、高脂血症にかかっている人
●妊娠、授乳中の人
●35歳以上で1日15本以上喫煙する人

血栓症のリスクの高い人はピルを使用できません。また、タバコを吸う人がピルを服用すると、血栓症や乳がんなどのリスクが高くなるといわれています。健康のためにもぜひ禁煙を! また、結核やてんかんの薬、ある種のサプリメントには、ピルの避妊効果を低下させるものがありますから、何か薬を服用している人は医師に相談しましょう。

二つのタイプと服用開始日が選べる

ピルは1カ月分(1周期分)が1シートに入っていて、シートに指示された順番どおりに飲んでいきます。「21錠タイプ」と「28錠タイプ」があり、服用開始日も自分で決めることができます。

服用期間はそれぞれ21日間と28日間で1周期です。「21錠タイプ」の服用方法は、1日1錠を21日間連続して飲み、22日目から7日間休薬し、8日目から新しいシートのピルを飲みます。「28錠タイプ」は、飲み忘れを防ぐため7日間は偽薬(ホルモンの含まれないプラセボ錠)を飲み続けます。飲み終ったら、翌日から新しいシートのピルを飲みます。

服用開始日は通常、月経の第1~2日目ですが、サンデースタートピルといって、月経が始まって最初の日曜日(月経が日曜日に始まった場合はその日)から服用を始めることもできます。サンデースタートピルのメリットは、月経が週の半ばに来るため、週末に用事がある人には便利なことです。しかし、服用を開始して最初の1週間は避妊効果がなかったり、少量の出血が続くことがあるので注意しましょう。

大切なのは飲み忘れしないこと。毎日同じ時間帯に飲むのが望ましいので、例えば朝食時や歯みがきのときなど、毎日の習慣と結びつけると忘れにくいでしょう。携帯電話にアラームをセットするのも一法です。飲み忘れは妊娠と不正性器出血(月経以外の出血)の可能性を高めますから注意しましょう。
それでも飲み忘れた場合は、24時間以内なら気づいたときただちに1錠飲み、その日の分も通常通りに飲みます(計2錠服用することになる)。24時間以上たってしまったら、次の月経開始日から新しいシートの錠剤を飲みます。月経周期を崩したくなければピルを続けて飲みますが、飲み忘れた日から新しいシートを飲み始めるまでは避妊効果がありませんから、別の避妊法との併用が必要です。プラセボ錠の飲み忘れは問題ありません。
ヘルスケア-はじめてのピル―避妊プラス快適な生活

【関連記事】
  • 生理日が変えられるピル-生理痛の緩和や避妊にも、けど副作用も
  • 生理痛の原因-ひどい痛みは子宮内膜症かも?-痛みに効くツボ
  • 生理周期によって変わる女性の体調-イライラや痛みを乗り切ろう
  • 生理が遅れる原因は無排卵月経かも?-ストレスや病気の可能性も
  • 生理周期が乱れやすくなる原因は? 生理不順のおもな6つの原因