声優の「日笠陽子」さんといえば、様々な役を演じることができる実力派声優のひとりですよね。
また、アニメ『進撃の巨人』ではエンディングテーマを歌うなど、その歌声にも注目されています。

今回は、主要キャラクターを演じることも増えた、日笠さんのハマり役を調査してきました。
果たして、どんなキャラクターがランク・インしているでしょうか。

声優・日笠陽子のハマり役だったアニメキャラランキング
1位 秋山澪(けいおん!)
2位 リアス・グレモリー(ハイスクールD×D)
3位 遊佐恵美(はたらく魔王さま!)
4位以降のランキング結果はこちら!


1位はアニメ内で登場した同型モデルの楽器がバカ売れ!社会現象にもなった『けいおん!』より「秋山澪」が選ばれました。
桜が丘高校軽音部ではベースを担当する澪。大人しくて常識人の彼女を、自然体でうまく演じていると評判になりました。
また、アニメの中では、バンドの楽曲で歌も披露しており、こちらも高く評価されています。

なんといっても、この役によって日笠さんの知名度が一気に上がり、その後数えきれないほどのアニメキャラクターの声を担当するようになったのは、ファンのみなさんならご存知ですよね。
そのため圧倒的得票数で「秋山澪」をハマリ役に推す人が多く見られました。


2位は『ハイスクールD×D』よりメインヒロインの「リアス・グレモリー」がランク・イン。
リアスは赤いの長髪の美少女で、容姿はもちろん成績優秀、家柄も良しという完璧超人のお嬢様。
上級悪魔でもあり、眷属に対しては優しく振る舞う「上司」のような役柄を日笠さんは、大人びた落ち着いた女性のように演じています。

この役で「日笠さんの声って色気がある」と評価が上がったといっても過言ではありません。
といっても、リアスは18歳の女の子。時にはケンカしたり、拗ねたりと少女っぽい一面も。そういった「ギャップ」もうまく演じており、リアスの魅力をこれでもか!と引き出しています。


3位は『はたらく魔王さま!』の勇者「遊佐恵美」となりました。
主人公の魔王「真奥貞夫」のライバルである彼女。ちなみに本名は「エミリア・ユスティーナ」という人間と天使のハーフ。
勇者らしく、マジメで思いやりがある性格で、現在は契約社員として活躍中。リアルなOL感がうまく出ていた演技は、会社員の人なら納得の演技でしたよね。

このアニメは、演出はもちろんですが、声優の即興アドリブが原作の世界観を壊さず話を盛り上げており、特に日笠さんのアドリブは秀逸と評判に。魔王がしゃべっているのに、遊佐のアドリブが気になって仕方ない!という人もいたようです。

今回は、大人っぽくも、ちょっとかわいい部分が垣間見れるキャラクターが上位に入りました。
4位~47位のランキングを見れば、役の数と多彩さに驚くはず。ぜひご覧ください!

(ライター:いしきりひなほ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年6月28日~2016年7月1日